あー詩を書いたよ。一日寝かせて手直しするんだ。
ひさしぶりに告知をするよ!

パンチラ淫vol.2「"CUM"on JAPAN」
歌舞伎町ゴールデンエッグ
東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビル B2F
2013.3/10(日)
オープン19:00 スタート19:30
¥1500+D(各種割引有!)
★出演★
クズドル☆こずにゃん(アイドルさんだわーい期待にゃんにゃん)
菊池奏子(日本一の憂いスパーボイスに耳をすますんだよ)
ともちゃん9さいとspan(じょじょにspan氏の出番を増やそうともくろんでいる)
ヤング・フラッテリィズ(キレッキレにころげまわる上、漢の色気むわんむわん)
金色(老若みくちゃん男女に愛されるスーパー和バンド)
DJ春井(脚本書けて音楽詳しくてピアノ弾ける多才メガネ男子)
三木悠莉(水もしたたるよいアシンメトリたけのこ最速ポップ詩人)

割引内容
ハゲでサングラスの方、もしくは和装の方(小物とか柄とかワンポイントでOKよ☆)は200円オフになります!

だっ
リンクとかはってなくてごめんなさい!

30分間やります。歌もうたいます。ただしわたしのウクレレじゃないので安心してください。
span氏のギターです。カバーです。すごいすきな曲なので、じぶんだけ感極まって泣かないようにちゅういしたい。
あとモノマネにならないようにとか。いや、もうそれはしゃあないわ。すきすぎるから。

テーマがジャパンなのですが、わたしはマイペースかもしれない。英語わかんないから日本語ですからいいのでは。
餅まくか。まぐろ解体するか。カリフォルニアロールつくるか。 
どれも面倒なのでしませんが 、まだ時間があるので何か考えてみます。
かなりふとんにはりついて充電したので、期待していいとおもいます。 
あ、 三木悠莉ちゃんとわたしの代表作をいっしょにやっちゃったりもするのでそれも期待していいよー。 

今後の予定は、一曲参加しているコンピCDが出ます。まだ具体的にいつかは未定です。
これはほんと、実質はじめてのspan氏によるオリジナルトラックで、オリジナル詩で、出来がよいので、
楽しみにしててください。先日ブログにのせた「あまこえにと」って詩がそうだよ!

あとは4/13にTASKEくんのイベントに出ます。ひさびさだー

そして4/27、28はにゃんと、だいすきな名古屋、レモンくんのイベントに出ます。二回目だー
これは27はspanくんとの音楽寄り、28はより詩っぽりとも9にしようとおもっているので二日間とも
みのがせないんだよー 
てか名古屋はそんなにいけないので、きてー!!!!わたしまだ成長期でやばいですからね。

というわけで、単なるお医者さんがえらいだけなのかもしれませんが、冬眠を脱しはじめたよ! 
た、たぶんね…どきどき。

そしてバイトを一日でやめたわたしは、
算数わすれてテストがある職業訓練落ちた過去があるので
3ヶ月くらいの面接だけの職業訓練受けて時給あがりたいなあ。 
小学生のときは算数できていたので、ほんと「わすれた」か、
ズブロッカ一気飲みやら、あらゆる一気飲みで脳があれしたのかなあ。

あらゆる一気飲みのあれで、わたしむかし、死んだばかりのひととふたりきりになったことがある。
ふたり部屋だった。
カーテンの向こうがわのそのひとが息があらくて、わたしはわるふざけで、症状がかるくて、
うるさくてねむれなかった。
次の日、そのひとの家族がふたりくらい来て、そのひとはだんだんしずかになって、
家族は、さかんに声をかけていた。まさかとおもったけど、そのひとは死んで、家族は廊下に出て、
看護師さんはものをとりに出て、わたしとそのひとだけになった。
わたしはとにかく死んだものひとすべてがこわいんだけど、そのときはこわくなかった。
なにも感じなかったし、しずかだった。

ってこれはじめての告白なつもりでどきどき書いてるけど、前どっかで書いてたら恥ずかしいな。
もったいぶってもっとぶって。

今はだいぶ自分の操縦がうまくなったなあ。冬、うごけないけど。
夏はシラフ~とか調子に乗ってたけど、冬には勝てませんわ。
いつも、わたしは気のせいではとおびえてるけどやはりある程度はそういう体質なのだなとおもう。



容姿について考えていて、ひとことですんだりしんだりして、
鏡をあれこれした他人からみえてるじぶんの顔って毎回ひんまがっててびびるし、思わぬ写真にもでかすぎてびびるし、
最近老いも加わってきたし、ぎりオッケー出した自撮りだって、脳内補正だし、もうなに、わたしはあれか、外出たくないよ、外出たくないよ!
覆面なんとかとか、声だけのとか、検討すべきですよ実際。
ああ、若いころもっとまともに、ていねいに、ひとにやさしく、傷つけずいきたかった。おそい。
世の中わたしにやさしいおばちゃんとおじいちゃんしか外あるいてないゲームにしてほしい。
できれば塊魂と同じ操作の。
がんばるから。
ああ、若者がこわい、うしろからきこえるくすくす笑い声がこわい、もう小4くらいの女の子3人組とかもこわい。 

ああでもこれって、もともと自分のことそんなにすきじゃないひとにまですかれようとする欲みたいなものだから、
それでもわたしをすきでいてくれるひとをたいせつにせねばといつもどおりおもった。

そして、わたしはきょうも鏡にじぶんを上手にうつしわたしを「(ある意味)かわいい」とおもっているし、
ふとんの中で目をつむって、のうねんれなになりますようにと必死にいのっているのだ。



これですでに2.5キロ落ちた。



次の人生、男に生まれたら、女にやさしいでっかい男になろう。
今の人生、女に生まれて、ぜんぜん女にやさしくないちっこさだよ、男の人が実はわたしの鏡かもしれない。

IMG_2050
バイトをはじめるプレッシャーなのかなんなのか、気分の落ち込みがはげしい。
すしをたべたのに、はげしい。
20歳のころのようだ。
わたしの頭の中に7つのマスがあって、そのうち5つがどすぐろく塗られていて、黒い砂のかたまりがぼとっぼとっおちている。
あとふたつはうすぺらくたよりなく、ひらひらかぜになびいてる。そのうちなくなる。
つまり週5がプレッシャーなんだな。
若いな。
若さのひけつです。

家から近い、人間関係がよく定着率がたかい、を信じてみようっと。
20歳のころみたいに。 
動画はみょうによかったやつです。

録音した。

「あまこえにと」
51

甘い声二度とこない、二度とこない。 
ロンロンロンバケイションは黄色く目を細めた。 
女性は整形をくりかえし 男性はふりむいてばかり。 
若かったから使った、 
使った音域をえらいきかいにとりこんで 
いースピーカーのある地下で再生したら 
48時間起き続けた眼球のけっかんだったりは一気にまっしろくなるか。 

ふとんにはりつくよおやすみ。英語わかんないから英語で歌ってほしい。 
コーラス重ねて色んな音うずまいてあまる語尾と息づかいが好きだ。 
息づかいだけをあつめたカセットテープを 
青春部活動ラジカセで再生したら回転数へんな音ちがう人だった。 
生活ちょっととまったみたい、ふとんにはりついてうっすい空見てる。 
リモコンないので終わるたびに起き上がって、やじるしボタン押して 
もっかい同じ曲かける。 
時間の上に重なる時間の上に重なる音、 
少しずつずれて、電話してるときのメモの絵みたいな筆圧ぐるぐる重なる音。 

ロンロンロンバケイションは黄色く目を細めた。 
女性は整形をくりかえし 男性はふりむいてばかり。 
若かったから使った、 
使った音域をえらいきかいにとりこんで 
いースピーカーのある地下で再生したら 
48時間起き続けた眼球のけっかんだったりは一気にまっしろくなるか。 
息づかいだけをあつめたカセットテープを 
青春部活動ラジカセで再生したら回転数へんな音ちがう人だった。

テレビでふくやままさはるがとしをとるとがまんできなくなるって言ってる
恋愛がうつくしい男女で行われるとは限らない
確かめるすべがない、この指があっても
風邪が治ってきたら、ぼくが愛しているくらいみんなが誰かを愛しているんなら
街がほんとうに愛でみたされているんだって信じちゃう気持ち
雪がしずかに降る日、誰かが誰かのことを考えていた
東京にいてもわすれていないんだ
誰かが誰かのことを考えているから涙が出るんだな
言葉で確かめるすべのない両想いが死ぬまで続いてく

確かめるすべのない両想いが死ぬまで続いてく

 「いいこのままメルヘン」

冷たくて甘いものが好きだった女の子は
あの街でいちばん頭のいい女の子
遠い街へ全部捨ててあたらしいものだけで
旅に出るには
20万円と
買ったばかりの青いスエードの靴と
どうしようもない言葉が必要だった

夢の中で空をとぶことだけ簡単で
だから東京の空をとぶ夢をみたよ
ただし「くっ」て力いれて「ふっ」だから
低いから空じゃない
電線のむこうにあるのが空だ
いっつもじゃまされる
一回床においてしまったダンボールが重いんだよ

どうしようもないことばっかりの
この街が好きだ
海へはなにか途方もないものが流れ出て
ドラム缶の中で人が死んで
急ぐ帰路には背中を殴られる。

へいきなことだらけ
へいきじゃないことだけがかなうの?

どうしようもないことばっかりの
この街が好きだ。
冷たくて甘いものはどのお店でも買えるし
私がどの色を、どの味を選んだって
誰も見ていなくて
うれしくって
泣いている。

雪がふらない街で何年もくらして
雪がふる街でくらしてたころだって
歩き方なんてしらなかった
同じ真夜中の帰り道ばかりおもいだす
雪がやんで
雪をふむ音だけがした
電話はいつもどおりつながらなくて
やすらいでいた

むかしむかし
トルエンと
むせかえる機械油のにおいのする
小さなまちで
赤ちゃんを産んだことがある
わたしたちはかみのこども
彼女は言った。
アイスコーヒーがちゃんと銀色のやつで出てくる
国分寺の喫茶店で
静かに怒ることのできる人間たちが
とまらないとまらない
煙草の煙のなかで
夢をみている。
しんでるみたいに。

雪がとける
はだで
このまましぬかな
いいこのまましぬかな

2.5次元のからだ
変に甲高い声あげ
まわたで首をしめてあがる

私たちは遠くへ飛ばされようと
たかいところたかいところ
目指してのぼって
大気圏にタッチして
そのまままっさかさまに落ちて
いつか死ぬだろう。

いいこでうまれたからいいこのまましぬんだ
いいこでうまれたからいい
このまましぬんだ

これは幸福な予言だけど
私にはいつだって正しい言葉が出てこない
のどがはりつく感触ばかり
リアルで
切り取られた時間が
風で散らばっていく

ウーマン、イズ、ヘビー、ライクユー
ウーマン、イズ、ヘビー、ライクミー

あの高い声が大好きだった。
オレンジ色のかばんが宝物だった
古本屋でアルバイトしていた。
あのとき髪は長かった。
好きな子には優しくできなかった。
いつだっていらいらしていた。
いいにおいのお香をあつめていた
あのとき本当に髪は長かったのだろうか

さらっていけ
エンドロールよ、残り香だ
パリの灯
ひだひだひだひだ
風が強い
遠くまで
伸ばすのは
腕じゃない
まきつくほど長く
ラプンツェルのかみのけ
あの高い声が好きだった
大好きだった
それだけで生きていけるのに
あるかどうかわからない世界に
私たちが飛んで行ってしまう
さよなら
最後まであなたがわからなくて

「おほしさまがぜんぶかくねちゃったね」ってみくちゃんが言った、
そっか、この子は東京の空にもいつも星を見てたんだな
彼女は東京生まれ、なんだ。
って
メルヘン


ともちゃん9さい「いいこのまま」+三木悠莉「メルヘン」リミックス 

子どものころのからだのよわさはせいしんのよわさからきていたとおもう。
いっつもへんとうせんをはらして、目があついとうったえて、他のものがたべられないからむいてもらったリンゴばかりたべて、
教育テレビをみて、胸にたっぷりヴィックスヴェポラップをぬられて、夜ぜんそくがでて、ねむれなくて、
背中のところを高くしてもねむれなくて、正座してねていた。

よわさというより甘えか。甘えたさか。
だからか、小児科に行って、診断されるまで、うそをついている気持ちだったし、
いつかうそをついていることがばれるのではないかとおそれていた。ばれてしまいたい気持ちもあったとおもう。
罪の意識から解放されて楽になりたかった。
小児科の先生は子どもにはやさしいけど、お母さんにはきびしかった。よく他のお母さんが先生におこられて泣いていた。
うちのお母さんは泣いてなかったとおもう。

おねしょがなおって、ぜったいわたしには耐えられない、むりだとおもった(死という概念があったら、死と表現したにちがいない)小学校は、
あんがい平気で、勉強だけが楽しくて、勉強と先生にしか興味がなくて、誰よりもはやく登校した。

ぜんそくがなおって、へんとうせんもめったにはれなくなって、自分以外の、特に年がちかい人間の存在に気づいて、ときどき学校をやすんで、
勉強に興味がなくなって、テレビばかりみて、生理がきて、英語塾をさぼって、隣の席の男子が好きになって、転校して、
深夜ラジオをききすぎてラジカセをかくされて、中学生になった。

国語の教科書に北杜夫の「百蛾譜」がのっていた。
からだのよわい少年とその夢の話で、わたしはこれを読んだから、子どものころに親しみを抱くことができるようになったのかもしれない。

わたしは(も)病気に親しみを抱いていた。






風邪をぶりかえして寝込んでます。まあそんな時期なんだろうとおもうが、きょうオープンマイクにエントリーしていたのに、
キャンセルしてしまったので、そんな時期なんだろうじゃないだろうともおもう。
出会いとか、期待とか、ひとつふたつみっつ消えちゃったなあとおもったり、くやしい。
もしわたしに会いたい人がいてくださったら、それ、ごめんなさい。

治ったら、ちゃんとノートに書きたい。これからのこととか、言葉にしていないことをたくさんノートに書きたい。

きくちかなこちゃん優勝おめでとう。
モリマサ前をむいていて、まぶしい感じした。おたんじょうびおめでとう。

ソファーで寝転がり落ち込むお母さんをはげます
休日の午後
海外のビールを飲んでいる
夏休みだとおもう
地下鉄にひとりで乗れなかった

ないしょで飼ってるのに
賃貸の壁でつめをとぐねこ
ばあちゃんがじゃがいもを煮てくれる
バターしょうゆで食べる
吉本新喜劇をみる

花に水をあげられなくて
ぜんぶ枯れた居間がかわいている
お母さんは誰かとときどき物をとりに家に帰るとき
枯れた花をみる
誰かが枯れた花をぜんぶすてたらいい
そんな仕事じゃないのにみかねて枯れた花をぜんぶすてたらいい
ばあちゃんは家に帰れない
ばあちゃんは病院で死ぬ
ばあちゃんが病院で生きている

旅行の計画をたてる

こたつでずっとテレビをみて
こたつのまわりをちらかして
夜中になって
お母さんが帰ってきて
寝たふりをしたら
かるくけられた

音楽がいつかおわるみたいにおわる
病院で死にたくないな
そうだけど
ばあちゃんもそうだったら困る

若い人が死ぬときはなつエネルギーが病室もれだして廊下ながれてる

死にたい
コンビニ帰りの坂でつぶやく
帰ってふとんでころがって泣く

泣いたまま電話しない
ぐだぐだのまま助けてもらおうとしない
ちゃんとシャワー浴びてカメラへいきぐらいで弱音はきたい

お母さんに弱音はかない
お母さんの子どもみたいな嘘をきく
ばあちゃん電話に出られない

旅行の計画をたてる
ライジングサンとぶつけたりとか落ち込まないような計画をたてる




IMG_1204
ローカル・ミーティング vol.2←文字をクリックすると詳細にとべるよ!
~持ち寄りtone、魂の出自、ローカル・ミーティング~

【場所】渋谷Last Waltz
【出演】Go Everywhere 、リョータ・ニーソ、SUNAGIRL、ともちゃん9さい

8月11日(土) 開場18:00 開演19:00
全席自由 ご予約\2,000 当日\2,500(税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

トップバッター19時から!35分間とも9漬け!
来場者特典はその日の詩をぜんぶのせした豪華パンフ(もちろん無料)だよ!
やっつけチラシつくった
8月11日チラシ

↑このページのトップヘ