カマコちゃんに会ったのは朗読のイベントで数回。たぶん他の人よりすくない。連絡先も交換していない。いつだったか池袋で行われていた大島健夫さん主催のオープンマイクイベント「ポエトライ」で、後ろのカウンター近くの席でカマコちゃんが隣に座ってた感じを思い出してる。
大島さんも言ってたけどカマコちゃんはやさしかったな。やさしくておもしろかった。

2年くらい前、あしゅりんさんからカマコちゃんが闘病中であると聞いた。ブログは更新していると聞いた。ある日、自分が好きだったので「ともちゃん9さい」で画像検索した。なぜかポエトライで朗読するカマコちゃんもヒットした。気になってリンクをたどったら、カマコちゃんのブログがあった。
この日が隣に座った日かもしれないなあと思った。

6713137adab11c03c80557de15123d44


















510f47a0ab26748dd3dcaa0f8e9322d7

















無職で評判のともちゃん9さいだがこのころはバイトをしていたので疲れている様子。

それからカマコちゃんのブログの読者だった。iPhoneのサファリのブックマークに入れてときどき読んでいた。朗読のイベントでときどき会う人よりブログの人という印象のほうが強いくらいだ。

「平昌オリンピックまではと思ってたのだがなあ」
という一文を見たとき、動揺した。本人がそう感じるんだからそうなんだと思った。

そしてあしゅりんさんが「カマコがみんなに会いたがっています。」とツイートしたのを見た。

わたしは母方のじいちゃんをがんで亡くしている。じいちゃんのお見舞いにいったらやせ細っていてわたしはそれがとてもこわかった。じいちゃんがわたしに向けて手を差し出したとき、わたしはその手をにぎることができなかった。4歳くらいだからしょうがないんだけど、後悔してるし、それと関係あるのかわからないけど手をつなぐとかにぎるとかがずっと苦手だった。
カマコちゃんに会ったら、わたしはわたしの感情がコントロールできなくなって泣き出してしまいそうで、それが彼女に失礼ではないかと思った。
だから阿部義晴「欲望」を歌ってすこし泣いたりして感情を整理した。あしゅりんさんにDMしたら、明日会えるって教えてもらってクリスマスイブにカマコちゃんに会えた。

彼女が先に帰る友だちの手をにぎって話す姿がめちゃくちゃパワフルで、光としか言いようがなかった。みんな泣いていた。泣いてよかったのかあ!と思った。
カマコちゃんと友だちのなおちゃんのことを八和詩めぐむちゃんが即興でうたった時間は3人の秘密だ。
わたしはあしゅりんさんと待合室で待っていた。あしゅりんさんはこの時間を「静謐(せいひつ)」と呼んだ。わたしは漢字がわからないのでiPhoneで検索したらいちばん上に出てきたウィキペディアを数行読んで「…箱?」と口に出した。それは「聖櫃(せいひつ)」のウィキペディアだった。
カマコちゃんの前で、「あまこえにと」を朗読した。静かに朗読した。

004























カマコちゃんとハグしたときわたしのタートルネックの白をほめてくれた。
ご両親ともお会いして、お母さんと手をにぎってご挨拶したのにお母さん泣いてたのにわたしは感情がおっつかなくて泣けなくて、すごく心残りなので、明日は泣きたいです。

まだあるかもしれないんですが、今年かかわった映像をのせたいと思います。


ホルモン鉄道「玄関」のPV募集に参加したものです。とにかくいちばんさいしょにアップしようと思ったので必死でつくりました。最初のシーンの黒猫がどうみても神なのが気に入ってます。
わたしが泣いているシーンはこの東京ガスのおばあちゃんのCMを観ています。

ピューロランドに行ったときにピーポくんの着ぐるみがいて撮っていたのもラッキーでした。なんかつらい時期で鳩を追いかける映像を撮りまくってました。
後半のハチワレの猫はわたしのツイッター等を見ていたらおなじみの大家さんちの猫、ニャイくん
IMG_6493




























でかなり主演男優賞な気がします。サムネにもした電車の中で絵を描いてる子は朗読コンビ「腐乱ちゃんと恨乱ちゃん」をやっている詩人ぬくみりゑの娘です。

ぬくみりゑの娘には「エレクトロピカ」でピアノを弾く赤ちゃんとしても出てもらっていておっきくなるのはやいなあと思ってます。



LOW HIGH WHO?のラッパーMotifさんのMVに出演しました。わたしがいい歳の取り方をしていることを監督のParanelさんに教えてもらって、完成した映像を観て、自分が色っぽくて驚きました。うれしかった。

 
ある日詩人のもりくんからLINEがきて、馬野ミキさんがPVを撮ってもらいたいとブログに書いているときき、いつか撮りたいかもなあの背中をもりくんに押してもらって実現したものです。いいほうの人の巻き込みをしてけんかもして(主にわたしがミキさんの発言に怒ってみんなが見守る)、完成したら、観た人からよかったとたくさん言ってもらえたからほんとよかったなあって思ってます。最後の庭でもりくんとミキさんが踊ってるみたいなシーンが手ぶれとかすごいけど、どこも死んでないと思えるシーンがワンカットで撮れたのが、お気に入りです。


ともちゃん9さいとspanとしてのラストソングです。2008年、ガラケー(W53CA)で撮ってた写真を撮った順に並べました。2008年のフォルダにはレコーディングに行ったときのワンダーくんの実家の猫ちゃんもいてなつかしーってなりましたが、PVには入れていないです。
これは自分はつくってるときせつなくて、心臓が神経症になってしまったかもくるしいと思いながらつくったんですが、観る人にはどううつるかわからないです。恋が終わったからせつなくてくるしいんじゃないとは思っていました。思い出を並べて、みやすいように色を変えて音に合わせて長さを調整することはせつなかったです。でもそれが本質ではなくそれよりも、思い出がその撮った写真のみ書き換わってしまうくらい前になってしまって、ただ美しく感じられることがかなしかったのかもしれない。わかんない。けどつくれてよかったです。
後半のspanくんが出てくる団地のシーンは、北海道のママとばあちゃんの実家を引き払う片づけが終わったときの映像で、猫道くんが作・演出してくれた「ともちゃん38さい」にも出てきたシーンです。この団地にはわたしは住んだことないんだけど、何回か訪問したときはいっつもくもってる印象だったのにこの日は晴れていました。

6月だからか何なのかめちゃくちゃ死にたい。ぜんぶではないがある情報が突如せめてきたりする。そうであれば、死ね的なことを誰かが言ってるからと偽の死にたいもせめてくるのでなんだかよくわからなくなっている。

「いきなりステーキ」きのうはじめて行ったけど、他の店にはないはじめて入った人間が感じる違和感が、はまらせる魅力だなあと思った。たまに食う分厚い肉はうまい。焼肉よりステーキが好きだ。わたしはナイフとフォークで行う作業が好きだ。箸を出されるとがっかりする。「びっくりドンキー」だけは箸でオッケーと思ってる。おなかすいてるのかわたしは。

無職で賃貸に住んでいて40代で一人暮らしで変な服を着ているせいか、近所のおばさんの中に挨拶しても返してくれないおばさんがいる。かといって挨拶しなかったら気分を害しそうなので、挨拶しても無表情なおばさんの軽い無視に付き合ってる。土地を買って家を建てている人はなかなか住まいを変えられないので、家建ててる近所同士で集まって、治安を守っているのだが、わたしはその維持活動からはみでてる何かなのでそういう人がひとりいても仕方がないのだろう。小学校のいじめっ子と表情が似ている。

無職なのにストレスをかかえて何をやってるんだろうという思いがある。昔はすこし若くて体力があってとても無理をして過度なストレスで一睡もできなくても毎日バイトに行って電車くさくて辞めたあと数ヶ月鬱で寝込むまでがんばったりしたから、今はそこまでいかない程度にがんばって社会復帰したいのだが、なかなかむずかしい。持病が症状に波があって先が読みにくいのもある。あと生理とかのホルモンバランスも絡む。

きのう楽しみにしてる「しいたけ占い」の更新日だった。理由はわからないがサーバが落ちていた。そのうちトップページが表示されて、サーバなおったかと思ったら、次乙女座のページが開かない。乙女座のページは開いたが2ページ目が開かない。といつもより、ゆっくり、ゆっくりわたしの一週間の運勢が開かれていった。

遠足























二階の窓からみてる
箱にとらののらねこがうずまってねてる
ちいさい海が砂時計のまんなかみたいにきらきらしてる
沢で茶色いのらいぬがしんだときく
もう少し毎日の学習を解いていたい

晩ごはんによばれて
宗八の焼いたのと
煮物と
大根と人参をほそくきった味噌汁と
甘い玉子焼きと
たくあんと
ごはんを食べる

石炭で沸かした風呂に入る

布団の中で
手を顔に見立てて
物語をつくって
いつのまにか寝る




現代詩フォーラム
 

映像編集

モリマサ公・ともちゃん9さい「ピースサインをかかげるイエスキリストの輪郭がドアの向こうに」 


夜間飛行 / ともちゃん9さい と ねこねこライオンズ


木村聡太・ともちゃん9さい / はじめてのさよなら


自縛ポエトリー/うい 「さよならディストーションサウンド」


宇宙はどこ? ともちゃん9さいとspan


しあわせ固め、遠まわし蹴り / ともちゃん9さい(DEMO) 


ライブ出演

7月に集中したどれもすてきなライブだった、ワンダーくんのことを考えた。spanと畳の上で集中した2ヶ月くらいのことを思い出した。ともちゃん9さいとspanを最後にしたけど、彼がおもしろいと思いそうなことならどんどん誘うつもり。


フスiDのファイナリストになりとてもうれしかった。わたしの自己愛について言及してくださったのが田島ハルコさんがはじめてだったのがなおうれしかった。

今年2017は、自分の詩がふくらむことをやるのが多くなりそうです。楽しみにしててください。

CCF20160811_00000 - コピー (3)

















黒い、毛の長いねこを飼っていた

みんなもらわれて
のこった一匹は
白くないしオスじゃなかったけど

玄関に出てきて見上げた
ママに「飼おうよ」って言った

味付け海苔がだいすきで
わたしもおやつにしてたし
ねこも喜ぶからよくあげた

だからはやくしんじゃったのかもしれないけど
そういう時代だった

高い絨毯の裏がしっかりしてるとか
ブランドの折りたたみ傘とか
ビールしか売ってなくて
果汁30パーセントで
そういう時代だった

小学生だし新築のマンションだったし
ねこが5階から落ちた
子猫だったから
家の中を探していたら
ピンポンが鳴って
1階の人が
無傷のねこを届けてくれた

何がそんなにかなしかったんだろう
泣いてると
鳴いたり
じっとそばにいたりした

ねむるねこのおなかに耳をあて
ちょっと重みをかける

ころころころころころころころころ


家族みんなさびしかったときに
一人暮らしをはじめたばあちゃんのアパートで
ねこはやせてった

「みみにゃんがしんじゃうかも」って
電話がきて
バイト先で泣いて
シュレッダーかけながら泣いて
早退していいよって言われて
会いに行ったら

ねこは立ち上がって
もうしなくていいのにって
おしっこをいろんなとこにして
賃貸の壁を爪とぎして
毛玉を吐いて
そのほうがましだと思った


ねこがしんで


友だちが娘を産んで
遊びにいって
娘がわたしの背中に寄っかかって
絵本を読みはじめた
声を出さずに
娘が静かに絵本を読んでいる

ねむるねこのおなかに耳をあて
ちょっと重みをかける

ころころころころころころころころ
CCF20160811_00000CCF20160811_00000 - コピー (2)CCF20160811_00000 - コピー現代詩フォーラム

↑このページのトップヘ