おもしろいと思ったらやります!
tomochan9sai@gmail.com

木村聡太・ともちゃん9さい/はじめてのさよなら


(キムラ)
「はじめまして」

の夜のことを君は覚えているかい
東京、明大前、階段を上がる
猫に誘われた僕は怪し気なBARの中
回る円盤の上で踊る詩人
紙芝居みたいにハラハラめくられる運命の国
小演劇は小宇宙
実を言うと僕はあんまり覚えちゃいない
ただただ妙に生々しくて妙に美しかったことだけ覚えてる

ねぇ、君はあの夜のことを覚えているかい

 
(とも9)
オリーブと美少女みたい
少年が赤いダッフルコートで抱きっついてきたら
欲求不満熟女じゃなくたって忘らんない
けど君
の、目線は気にしないまま
演じた
という重要なこと
君と親密じゃないから気にしないままにやったの、あれが最初で最後ってこと。


(キムラ)
きっと恋だったんだよ
なんてチープな台詞でドラマにしよう
僕らの死生観を飲み下してあの夜を無理矢理ドラマにしよう
君が綺麗じゃなくてよかった
君が大切な、それこそ音楽の魔法みたいに
どちらかが死ぬまでとびきりドラマチックな友達でいよう
 

(とも9)
「なんでもいいや」「名前なんて」
「君も…◎×△(うまくきこえない、とぎれる)そう思うだろ」ってほぼ毎日 あ 焦がれたわるい大人みたく言ってんだ
君の肌のすべみたいにわたしもわたしやり直したい
そうでもない?
わるい大人、たのしい。
たのしい?。


(キムラ)
「名前は大事だよ」
「名前に意味はあるのか」
「僕にはわからないや」

君が死んだって僕は何も変わらない
まさか
冗談だろ
憧れが自分のせいで後ろめたさに変わる日が来るなんて
いつかの僕は知っていたかい
タイムマシーンがあるならぶん殴りたい自分が幾人かいる
そういうもんかい
「僕にはわからないや」
 

(とも9)
電子レンジでチンして出来上がった細胞がふるえてる
欲求不満熟女料理はラップがうすうすにはって
アツアツでじょうずにはがせない

「君はぜんぶわかってる、」「熱い。」
はがしかたググる、「わたしも。」「わたしもぜんぶわかってる、」

「わたし君のことぜんぶわかってる。」

って真夜中に電話越しで言って、
君とあの好きなうたの早朝の横断歩道をわたってみたい


(キムラ)
わかってるわかってるわかってるわかってるわかってるよ
わかったフリばかり重ねて何もわからなくなった
わかったフリばかり重ねて誰にもわかられないまま
わかったフリばかり重ねた食品サンプルのミルフィーユ
見せかけばかりで美味しくないから嫌われてしまった
今じゃ軽蔑してたインスタント食品にすら少なからず憧れている
クソみたいなインディーズバンドのアビーロードのパロディジャケットみたいで
でも部屋の隅 重ね続けたその一枚一枚がいつか未来になるかもって
気づかないフリして重ね続けてるコドモとオトナの間
群青の初夏


(とも9)
君にわたしのカメラの中の青空どうしても見せらんない
海風と砂まみれはわたしとカメラの中だけで
いっしょにいた大好きだった人とカメラの中にさえいないんだから
振ると砂の音がする真夏のカメラ
「熱い。」

「音楽は魔法じゃない」って、
「言葉は呪文じゃない」って

とうにわかっちゃって
わたしの声「かわいいは正義」
だから、これから、
ささやく未来にさいてわるくない
君はおしゃべりすぎる!(わるくない)!

横断歩道は早朝の新宿で、
真夏の夜行バス目がいたくてまぶしくてからだもいたくてべとべとしてやけにひろい横断歩道
すれちがう君と
どうするかまだぜんぜんわかってないって

まるでさよならじゃないみたい
「はじめまして」
って、ぜんぜんさよならじゃないみたい  

あなたが「わかって」、「やってる」ということ。

まだ時間はかかるけど、他者を嫌悪することに集中する暇ない、もとの繊細、素直で嫌悪わすれるわたしにはやく、はやく左岸で、月にたましいを返してもらって泥で顔を洗いたい、今だと肌にいいからだと、誤解されていい、うれしくなりたい。
繊細だから傷つきやすいが、暇じゃなければ、せっかくの頭脳をじょうずに使えば、全人類を愛してハッピーに巻き込んでいくすてきな、パーソナリティになる、目的はどうしても世界平和なんだ。ほんとはね。ほんとだよ!
 
昨日主治医と話した内容もとてもよくて、電話再診で教えてくださったこと、いま一度対面で話してくださって、どんな「ミス」、も「記憶がない」まま、も「無意識」、もあなたが「わかって」、「やってる」ということを意識しとくといいよ、と。で、わたしは病気ではないまではいかないけど、病気ではない「可能性」があって、薬がいらなくなる未来あるかもだと、今それを考えてるとこだと、種明かししてくださった。あなたは頭がいいから、感受性でぼくが言えば何かがのこるから言った、と教えてくださった。このやり方はわたしにいちばん響くやり方で、今月末くる生理の前日はなにもやらかさずに済むかもしれない。わたしは「わかる」と「変わる」のだ。

「タイム」

わたしこのときまだへたくそだったから、また共演したかったです。

ワンダーくんの勘のよさはほんと、すごかった。
説明がいらなかった。さいしょからできてた。練習ほとんどしてない。おかげでふたりとも緊張してけっこうまちがえてる
ワンダーくんがわたしの詩「タイム」をリミックスして、わたしが台詞に振り分けしたんだけど、頭の中で刻んだリズム感まんまが実現されてます。どうやって脳内譜面盗み見たみたいな。
「タイム」という詩はちゅうにすぎて、かまってちゃん過ぎて、みんなをちらっちらっしながらおそるおそる発表した作品だったのですが、ワンダーくんがまっさきに「ともちゃん、いい!」って言ってくれて、彼の評価を信用してたので、わたしのそういう部分を「いたい」だの「さむい」だの気にしないで、出していくべきなのかなあって、きっかけになりました。ていうか、彼にほめられるのはほんとうれしかった。

テキスト、のせます。

「タイム」

「俺たちにできることなんてたかが知れてるんだよ

というのが父の口癖でした
町のはずれの
さびれたタイムマシン工場で

それでも懸命に鉄を打つ父の背中にむかって

「ねぇパパ、飛行機つくってよぉ


とせがむわたしは、今ではもうすっかり大人になりましたが
あまりに多くのことを知り過ぎた今でも

鉄の匂いや、大げさな機械音や、壁に書かれた意味不明の数式、何より父の怒なるような大声は

今でも鮮明に覚えているのです

「飛行機なんてな、時代遅れなんだよ
あんなものもう誰も求めちゃいないんだよ


どうして突然こんな話を持ち出したのかと言いますと
いつもならここで終わる父の言葉に
続きがあったことを近頃急に思い出したからなのです

「まったくな、お前はまだ小さいからわからないかもしれないがな
空なんてな、飛行機なんかなくてもな、簡単に飛べるんだぞ


それでは聴いてください
「タイム」

本当のことなんて一つも言わなくて良いから女が一人いればいいのか
俺にとってのビッグニュースは君にとっての暇つぶしにすぎないのか
死んでからじゃ遅いのか
生きてるうちにやんなきゃいけないことなのか 
髪を伸ばして髭でも生やしてテクノかハウスのDJでも始めたらいいのか
真理の発表なんか誰も待っていない
待ってるのはあの子からのメールの返信だ
そう思うとやるせなくなって帰り道がわからなくなる
世界はもう、とっくにシャッターをおろしている

めいわくはかけちゃいけないってわかってます
けれど家の帰り方わかんなくなっちゃったから
迎えに来てほしいです
君の家からそんなに遠くないはずです
だから迎えに来てほしいです
そして手をつないで高く高くとんで帰れるかな
何時間かかったっていい
君とだったらほんとにできるかもしれない

僕はまた迷ってしまう
終わらないミックスCDを聴きながら
何度乗り継いでも君のいる駅にはたどり着けない
いいじゃんねぇなにもかも
諦めることは得意なんだ
昔から
心配されたいだけなんだ
きっと
調子出なくてさ
最近
ううん大丈夫、ありがとう
でも、できれば声が聞きたいな

だいじょうぶじゃなくても
生きてればだれも気づかないよ
死んじゃえば多少気づかれるかも
助かりたかったら少々大袈裟ぐらいがちょうどいい
空を飛ぶ方法をやっと見つけたよ(空を飛ぶ方法をやっと見つけたよ)
夢の中だけじゃなくて(夢の中だけじゃなくて)

くって力いれるとふってとぶ
くって力いれるとふってとぶ

手をつなぐともっと高くとべる
だったらそうやって家に帰る
何時間かかったっていい
そうやって家に帰る

僕はふと人間が生まれた日のことを思い出してみる
夕焼けだった
そう、太陽が空を焼き尽くしていた
何もない海と荒野だけの世界に
壊れたタイムマシーンがぽつんとあって
The fuel is empty. (燃料を入れてください)
The fuel is empty. (燃料を入れてください)
と繰り返すその小さな機械に腰かけ
途方に暮れる
君は今どこにいるんだろうか

今、黒猫の背中にいます
電話でいいから誰かとつながりたい
家の帰り方わかんなくなっちゃった
201号室、201号室
雨のあとのアスファルトは黒猫の背中
誰も死ななくて済むかな
踊りたい
友だちに会いたい
旅に出たい
旅に出た友だちと合流したい
家の帰り方、わかんなくなっちゃった
201号室
201号室!

と僕は思わず立ち上がり声に出してみた
誰もいない世界において声は
とても不思議なものになる
ふと見上げると神様が夕焼け空をちぎって人間をつくっている
201号室、と僕はまたつぶやく

かなしくて仕方ないんだ
カラオケの映像
雑踏の中でわたしだけ止まってて
眉毛が太い
目が白黒
ひとりぼっちだ

かなしくて仕方ないんだ
旅に出たのは良いけれど
僕以外に人間は一人もいないんだ
夕焼けは綺麗だけど
それを伝える相手がいない
ひとりぼっちだ

でもそのときだ
くやしくてくやしくてこぶしに力を入れたら
体がふっと浮いたんだ

空を飛ぶ方法を見つけたよ
夢の中だけじゃなくて

くって力いれるとふってとぶ
くって力いれるとふってとぶ

手をつなぐともっと高くとべる

だから僕(わたし)は

君の小指を捕まえて
もう絶対に離さない
何時間かかったっていい
そうやって家に帰る
わざと遠回りしたっていい
そうやって家に帰る


だからそうやって家に帰る
そうやって家に帰る

ねぇ、空を飛ぶ方法を、見つけたよ




ありがとうございました。 

拡散してくれ~

狙ってがんばってつくったから拡散してくれ~

 

サッカー

シャンプーハッツさんそりゃほんとに緊張していつものゆるさはレスでしたけど、それはそれでとてもよくて、ファンゆえの倒錯したひじょうにあざといライブ映像を撮りました。



ただの客が最前列でぐらぐら動いて、ちょうぜつうざかったのあとから自覚してはずかしくなって、限定公開しようとかツイートしてたら存ぜぬやさしいかわいい女性アイコンの方から、公開してくださいのリプきてうれしくなって公開したら、その方もすんばらしい方だというのを知って、もう満足と思ったら、じわりじわりと拡散☆ふえて、自己肯定感を得ました。しあわせです。

はずかしいけどまたプシャンライブいきます。あとキンモスで平沢満が見たい。
 

コトナの階段のっぼる~

choriくん15さいで、わたしが今よりは20代でさっぽろで演劇しばいてたころ、へんな名まえのアパートで洗濯物を干しながらchoriくんと通話した映像がわたしの押入れのへんなはこに入ってます。
あと、SSWSでちょりくんとあたってわたしが勝った。

で、 choriくんが年始のツイートでわたしがインスタであげたフリースタイルをうれしがってくれたので、ふつうにあげようと見てみたら、全員やばかったので、ちょっと大きさ変えただけの編集でリアルを演出したドキュメンタリーがこれです。

 

名古屋のレモンくんは地元で、お客さんこないライブばかりまちがえちゃって、人生埋没しそうになる人を呼んで、名古屋に呼んでくれて、名古屋の人は素直にわあって言ってくれるので、わたしもどんだけ救われたかです。あとわたしがいろいろやらかしたせいですが、ワルイネ!が自分編集の映像にはじめてついて、うれしかったです。

恩返しのため、そろそろ名曲「エナ」にとりかかります。やっとです。 

堀込高樹69/96【ジョハリの窓と不倫】

Johari_window 


















正社員も生活保護も染まる夕暮れ

ぼくと君の窓わたし、窓

堀込高樹の窓にネコのおでこでノックしたい

派遣社員のギリギリ女子会肯定感がきた
全力ギャグしてダダすべり芸名聞かれた
辞めるときフジロックって呼ばれてたの
お昼の子が教えてくれた
電子レンジ解凍モードぬるい
帰りいきなり電車泥酔ぐるぐるぐるぐる止まって
坂戸でスマホ切れてわたしの窓
わたしの窓は何故
わたしの正しい入籍したい

高樹

日本人以外全員死んじゃえって今日は本日言ってない
なう
2ちゃんねる(まとめ)
ネバー(まとめ)一番上
大島てる
ツイッター
流れる
フェイスブック
女子会タグ付け他人に撮られた写真びっくりしすぎてうけすぎる共感過剰されにくい
ミクシィ古い
なつかしい
ミクシィ古い日記の男女の交際が甘酸っぱくて小さい画像
画像ちいさくて想い出

色がすくなくてきれい

想い出ばかりがナイスでしかなくてナイスかよ、ナイスかよのリアルタイムの連続で朝が来ない
そのまま死にたい
そろそろ生活習慣はくるのに
気分転換むりだな
死んでしまいたくて
大島てるで徹夜で朝焼け生きれた
死体さんありがとうまではまだスピるほどハッピーもハードも欠けて
ドンキホーテに行けない
ドンキホーテやってない

今日は2015年2月3日なのに
1996年2月3日のサイゼリヤ
長い堀込高樹まだファミスタつくってて

ぶっ殺すというと怒られるというよりはわたしが鏡で自己催眠して
堀込高樹の恵方巻が行方不知の恵方の彼方

堀込高樹が正しくてわたしがぜんぜんわかんない
今日も食べるのお豆さん
の数がぜんぜんわかんない
わたしも高樹もお豆さん
ぜんぜんわかんないんだけど
うけるんだけど
なぜうけるのか
ぜんぜんわかんないけどうけるツイッターに声出して笑って
ひびく、キューブリックの床
畳に貼った嘘と君は全部嘘の嘘フローリング

窓が全開で、堀込高樹の顔見てる
恵方巻食べない
堀込高樹の顔見てる

【引用】
 

堀込高樹さんLOVE

 
詩人。映像作家。LOW HIGH WHO?所属。腐乱ちゃんと恨乱ちゃんの腐乱ちゃん。
恋は終わるからせつないんじゃない、ばかばか
馬野ミキミュージックビデオ第一弾
出演しています!
東京にいてもわすれていないんマサルさん
ホルモン鉄道とそこらへんの動物
帰ってきた自縛ポエトリー/うい
美しい男、木村聡太
宮沢もよよ【植物園】と、ドライブ【初音ミク】
ピースサインをかかげるイエスキリストのモリマサ
◎子宮◎
笑いながら神様の肉を食べよう。
ピカーーーーー
サッカー
  • ライブドアブログ