きょうっていうかきのう、めちゃめちゃたのしかったんだけど、宇多田ヒカルの言葉がずっと気になってて、
帰って、家のコンピュータースクリーンのなかでやっと読んだ。
わたしのお母さんも心の病のふかいところにずっといて、ずっと入院しているので、状況は似てて、
けどうちのお母さんは生きてくれている。

むかし書いたミクシィ日記を転載する。

「うただひかるといっき」2005年10月29日00:19

今日郵便受けを開けたらチラシだらけのなかにお母さんの手紙があった。

智ちゃんへ
ママは辛いけど がんばるから 智ちゃんも ガンバッテネ!

智ちゃん、返事、ちょうだいネ!

字はうすくて小さくて、線が何行もあまっていた。わたしの住所は他の人の字(看護士の字と思われる)だった。電話をしたら「調子がわるい」と言って一分くらいで切れた。担当医と話した。わたしを安心させる言葉がずっと流れた。ハガキを買いに行って返事を書いたらいきなり書いたから変な文章になった。赤いポストに投函した。明日から公開の春の雪はお母さんの好きな三島由紀夫原作だからどう思うのだろうと思っている。それを知ったとき少し泣いた。わたしは何故だかいつも三島由紀夫の何かに触れると泣いてしまう。お母さんがまだ元気だった大学時代の大学の図書館の芸術新潮の三島由紀夫特集の写真を何気にながめていたら急にたまらなくなって図書館のトイレで泣いてしまったのが最初だ。そして三島由紀夫の顔は見るたび、うちの死んだじいちゃん、お母さんのお父さんに似ているな、と思う。じいちゃんはわたしが四歳のときガンで死んだ。がりがりになったじいちゃんがわたしにのばした手がこわくてにぎれなかったのを未だに気にしてる。だからかわたしはだれかと手をつなぐのもしばらくにがてだった。宇多田ヒカルが明日公開の春の雪の主題歌をあああ
あああ、とうたう。

うちのお母さんは生きてくれている。


1
「…くるしゅうない、くるしゅうある、くるしゅうない、
くるしゅうある…」
花占いのために 
たくさんの花を摘み 
たくさんの花びらをもぎ取った 
決断の責任を花に被せて 
無邪気に繰り返す呪文 
「…くるしゅうない、くるしゅうある、くるしゅうない、
くるしゅうある…」

こんな夜中にカラスが鳴いてる











くるくるくるるくるしゅークリーム
100均の6個入りのしなびった皮と少な目のクリーム
すくりーむしないよ
穴からしゅーしゅー
(はずかしい)
音がするのだ
「くうき、あんまし、いれちゃ、やだ、」
「いれちゃ、やだよぅ。。。」
(はずかしい)
しぼんでいく、大回転花びら通りを一人歩いていく、
わたしはこんなに、くるしい!くるしい!くるしい!くるしいー!
低空飛行のカラスを追い越して
ひとりごとしてる人の群れをかきわける
わたし、どこからきたんだっけ?
西の空がばら色に咲いてる

労働者のつばがたくさん入っているよー
泡立つペットボトル文化です
爪のあいだのまままっくろくろくろーむ
せっけんで洗ってもとれません
わたし、どこからきたんだっけ?
順番ってだけで泣いちゃう
なんでわたしが次なのかしろ
しゅーしゅーまっくろくろくろーむ
泡立つへったくそクロールばたあし
金魚!
職業差別と息継ぎの連続です

「きみんちから、流れてきたよどみを、
 ぼくが処理している
 だから滞りなく日が沈む
 太陽を沈めていく
 足のあいだから朝を垂れ流すのが、きみ」
線上ののまままっくろくろくろーむ

アルプスでは子ヤギの上で踊るのがスタンダードなんでしょ
じゃあわたしはお父さんとお母さんの上で踊る
積み重なる家系図をかけのぼっていけ
てんじょうはみえない、
どこまでいっても
西の空がばら色でまぶしいだけ

安心な僕らは旅に出たり
思いっきり泣いたり笑ったり
し、ようぜ
かっわいいんだ
せんち、めんたろうくん
消費者金融ビルの最上階で山手線見てる
男の子が好きなんだ
どっかいっちゃう
いっちゃう、
いっちゃう、
よ、

いくよ
くるよ
どっちよ

どっちにも
いかないで、

そんな関係じゃないスイッチ
くるくるくるるくるしゅークリーム
ばらばらばらばら
せんち、めんたろうくん
空あおぐ顔
かっわいい
花びら
はらはらはらはら
ぐう
はらへ
るーるー
23





















もうこれ以上
わたしたちの日々を
ばら色に染めようとするな
(はずかしい)
センチメンタルなんてものは
胸にしまいこんで
どこにやったかすぐ忘れてしまうのが一番だ
口に出すな
探すな
ほっといたって必ず
すぐそばにある
それがセンチメンタルで
足元にはいつも
わたしの帰る家が見える
どこからきたってかまわない
どこにたどりついたって
それが
いつでも帰る場所

くるしいのか
くるしくないのか
わからない
だから教えてほしい
息も出来ない瞬間が欲しいんだ
息も出来ない瞬間のために
たくさんの花が咲いて散った
スプリンクラー、まわって
みかん畑に虹ができる
だんだん畑が光って
わたしの瀬戸内海をみせてあげる!

君がいつか首をしめて
くれる

窓のないすいみん、
ぐうぐう
泡立つへったくそクロールばたあし
金魚!
今何時
はらへった

わたしの豊平川をみせてあげる!

えーわたし犬のオスメスって顔で分かるよー
あーマジおなかすいたし
てゆうか、これからどこ行く系ー?
足ばっかり露出したおんなのこたちが通り過ぎて
気がつけば線路沿いを歩いてる
ここはどこだっけ
まだ、わたしの家は遠い
それだけが分かって
既に
足が棒
ビート板でもうまく泳げなかったし
わたしきっと上手に溺れて死ぬよ
だれよりもはやく
うつくしく溺れて
沈むよ
太陽よりも
しずかに
えろいことしたい

ぼく、
とちゅう
君、
そんな関係じゃないすいみん、
男の子
(はずかしい)

舌をかむくらいの
えろいこと
はー、
なんでこんなことしてるんだろーって
天井がやけに
白い
4と5 





















放課後、おとこのこの家にだれもいなくて
なんかいもして、
帰り道の自転車が痛い
(片道1時間かけてすることかよ)
なんかさー
なにー!?
なんかさーーー、わたし、好きってなんなんだかわかんなくなっちゃったーー
だから、なにがーーー!?
風の強い砂浜で交わす
かみあわない大声の会話が
その頃のわたしたちのセックスだったから
もう喉もカラカラで
なにを伝えたかったのかも
わかんないし
どうでもよくなっちゃった
あんなに叫んでたのに
お前、むごいな
って電話の向こうで言われたのが
わたしたちの最後
梅津寺パークは3年前に閉園しました
学校帰りに急に海がみたくなって
2月だったから風が強くてとても寒くて
来るんじゃなかったな、
って思っても遅かった
わたしたちは、もう
来たのだから
自分の足で
ここまで

君のためだけに書いていた
毎日
思い出いっこあれば
生きていける
君も君も君も
これからもずっと私の一部だ
きっと私も君の一部になって
君を助けたり
苦しめたりする
覚えていて
走馬灯の走る馬には
私が暴れん坊将軍よろしく上手に乗ってる
お前なにちゃっかりしてんだよwwww
って君が噴き出したら
私の勝ちだ
人生をかけて
わたしたちは勝負してるんだよ
どっちが最後に笑わせるか
死ぬ気で笑わせにいくから
君も死ぬ気で
生きて
そして死ぬといい
それから下手糞な歌で
これまでのこと
なかったことにできる
また手をつないで
ふたりで
うちにかえろう
かえろう。
67
















8 




詩「くるしゅー(仮)」:腐乱ちゃんと恨乱ちゃん
イラスト:ほとんど恨乱ちゃん
編集:腐乱ちゃん

キャスト
腐乱ちゃん(元子役):ともちゃん9さい
恨乱ちゃん(アイドルくずれ):ぬくみりゑ
アゴギ:span

今後の予定:ない
 
腐乱ちゃんと恨乱ちゃんへのオファー
tomochan_9_sai@yahoo.co.jp
水曜か日曜日で応相談 







リリパたのしかったです。
970474_723148714367286_1906410200_n 

ポエケットたのしかったー 
荒谷良一さんに写真を撮っていただきましたー!かわいい!
 
1069013_472526642833747_1347183071_n















そうです。スポークンワーズ・マガジン「どんと、こい!」が発売となりました!

dh1



















わたしは詩一篇「男の子ばかばか」と映像で参加しています!
そうです、映像をつくったのです。
ちなみに銀河鉄道の夜が処女作なんですけど、あれは音にあわせて水にビーズを落とす、
ノー編集だったのですが、今回はじめて編集というものをしました。

エレクトロピカ/ぬくみりゑ feat. ともちゃん9さい と span
 
音楽:span
撮影:黒川武彦・ともちゃん9さい
企画・映像編集:ともちゃん9さい

ヘッドフォン推奨!ぬくみりゑちゃんの声がきらきらで、エレクトロピカだから、きらきらしたものばかりあつめたよ!

へたくそだけど、はじめることができてうれしかった。映像はこれからも続けようとおもう。
この映像をつくっている時期、わたしは、なにもかもすみずみまでつまらなくなりかけて、
かなりあやうくなって、体調もくずしてしまった。
けれど、友だちや仲間や恋人がいて、信じるということを知ることができた。
なんだか文字にするととてつもなくはずかしいけどそうなのだ。
ウー、ありがとうなんだよ!だいすきなんだよ!

まだまだ、微妙な体調でどうなることやらなんだけど、
(なんだけど昨日のポエケットでひさしぶりに声を出したら思ったより出てびっくりした)
「変態」のリリパで悠莉ちゃんも言っていたよな、詩かな歌かな、
「一度きりの人生」だから、やれることをせいいっぱいやりたい。
モリマサが昨日「生きて」ってツイートしててほんとそうだよなっておもった。

生きててよかったよ! 

「どんと、こい!」はバーベキューファミリー公式サイト(←文字をクリックしてね)で通販できます! 
興味のある方はぜひ! 

きょう、ばあちゃんの主治医から電話がきた。
わたしは主治医の説明をきいて、わかりましたと電話をきって、朝9時はまだねむかった。
目が覚めて、検索をしたら、ばあちゃんは、いきものとしてながくないことがわかった。
選択肢があることがわかった。
とりあえず、泣いて、札幌に行きたいとすぱんくんに言ったら、行くかと言ってくれた。
いっしょに行ってくれる。かなりこころづよい。
成田から出発すれば、航空券もやすいのね。知らなかったよ!
誕生日と母の日と敬老の日に花をおくってたんだけど、そのお金にちょっとプラスすれば片道だった。
たまのぜいたくのマッサージ代が片道だった。
飲み会プラスカラオケオールが片道だった。

30日から3泊か4泊くらいで行ってきます。 

なんだか、今はハイだけど、わたしはたぶんこれからすごい落ち込むんだとおもうよ。
けど、すごい、ありがたいよ。
花をおくるときにメッセージカードをつけることができて、だんだん、帰れなくてごめんしか浮かばなくなって、
でもそれを書くのはあんまりだから、ちがうことを書いてきて、やっと帰るから、やっとちゃんと言えるなあ。  

さわれないものばかり好きだ
息をするだけで腕ぶんぶんふりまわしてるみたいで
ここあけといてください
ごめんなさい
10年前のノートひらいた

めがねくもるクソ精神科医がまぶしすぎるガチ躁状態患者に嫉妬して
テテテ
テトロピン処方してるの
知ってるよ
ワルツのリズムで知ってるよ

ナースステーションの前ならんで
アーンして
ごっくんして
れろれろするまで
食後が終わらない

そして何人死んだかわからない機能的ベッドに
からだがくいこんでいく
お母さんみたいな看護師さんに「検査です」と無理やりはがされて
「テトロピン嫌です」
って言ったつもりだけど言えてるのかわからない
階段の踊り場で頭ぶつけて
少し戻った意識の窓に空が青かった
季節がわからない

家族は朝ごはんを食べた
まだ砂場かもしれない
夜に網かかる子どもたちのための
砂場なのかもしれない

数時間で100万円使ったり
バイトの人に露骨に無視されはじめたり
友だちのしゃべる速度がおそすぎたり
ノートパソコンの液晶こわれてたり
やさしくしてくれるのは意外な人ばかり

家族も恋人も友だちも思い出の私が本当の私だってこわくて泣いているから電話できない

ひくい声の子どもと手をつないでお手洗いにいく
「シロツメクサありがとう」
「アカツメクサあまいんだよ」

10年前のノートとじる
押し花つくる
子どもにあげたい

さわれないものばかり好きだ
息をするだけで腕ぶんぶんふりまわしてるみたいで
あいてるドアから失礼しますよ

このままでいたかった
すごいいたかった
あちこちいたかった
泣いていた
時計が動かなくても
バイトが動いてしまう
テレビがはじまってしまう
友だちの窓の朝が見たい
違いにはっとして
きっと
今までの意味がわかってしまう
泣いてしまいたい

夕暮れが地面にすこしずつすこしずつとける日をみた
写真にとれなかった
終わる季節と終わってた恋を
ゆっくりあたためたミルクに溶かして牛をわすれたまま飲み干した

ちゃんと考えたらたいていのことはこわい
のどがつっかえる
牛と戦争と女性と国とお肉と原発とお魚だけじゃない
おはしをつけた瞬間ぜんぶ食べなくちゃごはんの時間は終わらない

君は
苦労のない穴に手をのばしてからみついた甘い汁ぺろぺろなめるお猿さんなのかい

誰かじゃない
興味ぶかいおもちゃとお人間との違いを見分ける訓練受けただけでした
だからとっておきの笑顔、テレビにむかってしてるよ

スカート
のぞかない
夏が来る
はずだから
次は、

やっぱりさわれない恋がしたい
さわれない人を好きでいたい
それでも
そうであっても

あのころの私が泣いているのをながめている
あのころの私を助けてくれた友だちと今は連絡取れないけどわすれない
あのころの私を無視したけど今はやさしい友だちとなかよくおしゃべりする
私が全部悪くて無視した友だちの顔をながめている

死にたいと知りたいが似ているから
落ちた花びらあつめて
あつめてぜんぶ食べました
くしゃみして
葉桜の空をしめった手でかくす


※テトロピン
絲山秋子「逃亡くそたわけ」より引用


現代詩フォーラム

やっと書けたので次にいけたらうれしいみたいな気分です。

パンチラ淫、すごいお客さんが入りました。
わたしお客さんがいっぱいいるとはしゃいじゃうくちで、じぶん花粉症なの忘れてしょっぱなから雄叫びあげたりしてたら大事なとこでめっちゃ
声かれてました。

ジョン子さんに書いてもらった詩
とリミックスに使いすぎている「ちがあか」をこりずにまたリミックスしてきのう読みましたのでテキストあげます。
動画もきょう中にあげられるかとおもいます
デブが加速していてやばいですが…



「田中智子としたいことすべて。」

ぼくらは夕暮れ
シチューを食べすぎた
思い出の長い影

社会がにがてだから歴史がふとくいだから自分史がいや
戦後みたいに
生きてるのに会えない元友だちの思い出の田中智子、
日サロに通わせたい
ライブハウスの暗がりでわかんないくらい通わせたい

そしてぼくは田中智子を殺したい
責任の、ゆびで、この素手で
田中智子の短い首がゆっくりと絞まるとき
田中智子はいったいどんな表情を見せるのだろう
ぼくは田中智子を愛した分だけ
強く、強く、首を絞める
ぼくは田中智子を愛している
田中智子はその言葉を嫌ったが
ぼくは田中智子を愛している

けれどぼくは田中智子は殺さなくてもとっくに死んだってインターネットが言ってた

ロックンロール、グッジョブ、手、PM2.5、ほしいものリスト、ニコニコ動画、猫、LINE、自転車、ツイッター、洗濯物、
花粉症、くしゃみ、サカナクション、生牡蠣、メンヘラ、姫カット、芦田愛菜
 
田中智子の脳みそは粒うにでできている
田中智子のある意味お人形みたいな体
田中智子のメールアドレスのアットマークの前
田中智子の電話番号の下四桁

「先はながいふか~い言葉にならないくら~い」 べろんべろんにのびて
絶対音感ちがって 鼻血ぼた ぼたぼた

ぼくは田中智子の生み出すもの全てが好きだった
抜け落ちた毛根も、切り捨てられた爪も
ぼくは田中智子に殺された

ハムスターがかたくなる
しろい金魚がぷかぷか浮いている
花びんの水がくさくなる
アリをつぶすあしうらの感触
カブトムシにむしがわく
つめのあいだの土がとれない

みたいにぼくは
子どもの日常みたいに殺された

ライブハウスの暗がりでぼんやり白く浮かんでる
ぽむぽむぽえむちゃん田中智子
それはある意味で幸せなことだったのかもしれない
ぼくもポエムの一部になれたのだ

2年、フェイスブック、卒業、サクラサク、ユーチューブ、さよなら女の子、アベノミクス、初音ミク、アスペルガー、空を飛ぶ方法、
アイフォン、AKB、ナオトインティライミ、レーシック難民、インスタグラム、帰り道、タグ付け、エバーノート使ってない、リア充、
まとめサイト、グーグルクローム

ポエムでぐぐってもポエトリーでぐぐっても音お願いしますでぐぐってもフーでぐぐっても全然足りないぼくを田中智子を
殺すことぐらいしかできなかった(笑)

ACアダプタのにおいじゅうまんした部屋で
ひみつを共有したい
教科書の顔をリアルに面白くすることばかりに夢中で
君とぼくがちがうってことに気づいていない

そんなわけないだろばかばかばか
抜け落ちた毛根、切り捨てられた爪
ぼくの正体がどっちであっても、
叩き付けられた床でぼくはずっとこうつぶやいている
「もっと一緒にいたかった」

お父さんの雑誌に書いてあったことがしたかった
きもちわるいことがしたかった
カエルのかいぼうがしたかった
ずっと君と遊んでいたかった
血が赤かった
ずっと君と遊んでいたかった
床から見上げる君との距離は、どこよりも遠い
だからぼくはまずポエムを殺したい
同じ世界に来て欲しい
ぼくらの夕暮れ
床に落ちたものたちの世界に
君の家を知らない
愛も何もない世界に
ぼくは夕暮れ
そこに来たとき、君は気付くだろう
君の夕暮れを知らない
ぼくはまだ生きてるんだよ
教科書の顔をリアルに面白くすることばかりに夢中で
ホコリの隙間で、呼吸をしている
ずっと君を待っているんだよ
昔話はしたくない
汚れてしまったぼくがいいたいのはたった一つ

「くっつけた机の上だけの世界で
 君の夕暮れ見つけて
 君とぼくの夕暮れくっつけただけの世界で
 ぼくら夕暮れになって
 ACアダプタのにおいじゅうまんした部屋で
 ひみつを共有したい


 知らない君の家からピアノの音がして
 べろんべろんにのびて絶対音感ちがって
 耳を切った君のきりくち血が出なくてきれいな

 きれいな 君

 また遊ぼう」
それだけなんだよ

冷酷がシチューに似てとろけて味がしない
殺したいはじゃがいも、死にたいはたまねぎ、会いたいはにんじん、
とろけて味がしない、また遊ぼうはとりにく
ポエムはルー、
へんな酒屋とコンビニの間みたいなとこでやっとみつけたほこりっぽい
ぼくはほうれんそう、君はスナップエンドウのくせにとろけてぜんぜん味がしない
味がしない

IMG_2290























もし君が他のひととセックスしてたらかなしくて
顔がつくれなくて
ひくつすぎるんだろうな
 
「わたしはそういうにんげんだ」

なぜって
かつてショーワじだい一億ソウ中流家庭のソファにもたれテレビみて
育ったふつうのこだからなの

えろいことはほんとおもしろい
許すのがおもしろい
かけひきがおもしろい
過集中がおもしろい
とにかくひかないでどこまでもどこまでも相手にいどむのがおもしろい
ぐっちゃぐっちゃになってもいいのがおもしろい
それをしたくてたまらないのに、しないまま、泣いてしまうのがおもしろい
最終的には殺されたいみたいなおろかさがおもしろい

わたしにはえろい才能がある
バイトつづけるのの二億四千万倍、単位なんでもいいけどある

けれどあらゆる諸事情で才能の封印は残念であるが
魔法をとけば復活も可能であると予感している

先日むかしのパソコンの中の自撮りのじぶんと会う機会があった

「お前の知らないお前のかわいさを教えてやる、
その見開いた目、つくった笑顔はみにくいから、やめろ、
ふつうにしてろ、お前はかわいい、ただしその髪型やめろ、
ちゃんとした美容室行け」
と言ってこまかいのがなかったので500円玉2枚渡し頭なでた
自撮りは、聞いてるんだかよくわからない中途半端な笑顔で

「愛の才能よりも永久の恋の才能がほしい」

と、言った



パンチラ淫vol.2「"CUM"on JAPAN」
歌舞伎町ゴールデンエッグ
東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビル B2F
2013.3/10(日)
オープン19:00 スタート19:30
¥1500+D(各種割引有!)
★出演★
クズドル☆こずにゃん(アイドルさんだわーい期待にゃんにゃん)
菊池奏子(日本一の憂いスパーボイスに耳をすますんだよ)
ともちゃん9さいとspan(じょじょにspan氏の出番を増やそうともくろんでいる)
ヤング・フラッテリィズ(キレッキレにころげまわる上、漢の色気むわんむわん)
金色(老若みくちゃん男女に愛されるスーパー和バンド)
DJ春井(脚本書けて音楽詳しくてピアノ弾ける多才メガネ男子)
三木悠莉(水もしたたるよいアシンメトリたけのこ最速ポップ詩人)

割引内容
ハゲでサングラスの方、もしくは和装の方(小物とか柄とかワンポイントでOKよ☆)は200円オフになります! 

↑このページのトップヘ