*その時点では、大阪と名古屋のライブが決まっていて、東京でも何かやりたいなあと思ったとき、内田典文さんが浮かんだ。内田さんはベースを弾く方で、PAもされていて、渋谷ラストワルツで谷口マルタ正明さんが店長さんだったとき、ともちゃん9さいで何度か出演していて、PAが内田さんだった日が何度かあった。内田さんがPAだとライブをしていてとても楽しいし、何よりお客さんの反響がちがった。数年後、谷口さんが「(鈴木)慶一さんが内田くんのPAをほめてたよー」という旨のツイートをしていて鈴木慶一さんファンのわたしは自分のことのようにうれしかったし、そうなんだよー慶一さん!と思った。

まず内田典文さんにお話するところから「ガールのラブホテル」ははじまった。

出演者紹介

*ぬくみりゑ
愛の2次創作がはじまっている…2次じゃないか…1次?
DoBZ_5FU4AAmJ-t
世界の果て、はて、ハテ。」11曲目「背黄青鸚哥」に参加。今回はともちゃん9さいとのコンビ「腐乱ちゃんと恨乱ちゃん」の新作「ガールのラブホテル」ともうひとつ新作ができちゃったのでやる。「背黄青鸚哥」も初披露なので新しかない。
ぬくみりゑのソロは何をやるのかわからないがたぶんいい意味で思ってたんと違うと思う。
だそうです。

*mekakushe
彼女をちゃんと認識する前に彼女からともちゃん9さいのファンである旨のDMが来てうれしかったのだが、対応がクールだったらしい。猫道くんが彼女のサンクラを紹介していて聴いたらとても素晴らしく、歌舞伎町のソウルキッチンのリハで「カロリーメイト」を聴いたとき

良すぎてくらくらした。そのあとあれよあれよと人気が出た。自主企画に呼べてうれしいし同時進行で「最後の夏」をふたりで高円寺のカフェで連詩してRECできたこともうれしいし、「ガールのラブホテル」で初披露するんですよ!

新曲「子宮」は必ずチェックしよう。(グッズもかわいい…)

*伊澤恵美子
伊澤さんはわたしが正式にLOW HIGH WHO?に入る前からポエトリーフェスでご一緒してわたしを応援してくださってる人でこんなすぎょい上美しい女優さんがなぜと思っていたが、次第においしい果物がきれいに整えられたやつや、ジューシーな焼き鳥や、マシュマロ焼いたのをフランスパンにのせたやつを食べたり互いに写真や映像を撮りあったりしているうちに仲良くなりました。
不可思議/wonderboyくんがリミックスしてくれた「タイム」という詩を、不可思議/wonderboyVer.でも木村聡太Ver.でもない伊澤恵美子Ver.に振り分けしたものを当日初披露します!伊澤さんとラブホテルで互いを撮りあった「世界の果て、はて、ハテ。」9曲目「すてきなピアノ」MVも初披露しますのでお楽しみに。
vs180930-001
*DJ早喰い
新人DJだが詩人としては大先輩の石渡紀美ちゃん。DJとして立候補をしてくれた。家が古い郵便局でめちゃくちゃ広い。きれいなお姉さんかと思いきや相当なまなましい。素直ですきとおってる人。UPJ6の「ラヴ・マニフェスト」がめちゃくちゃよくて子どもが産まれそうな感じだったので開場30分のDJ後石渡紀美としても登場していただき、「ラヴ・マニフェスト」をリーディングしていただく。そして音楽が大好き。矢野誠さんのお手伝いを時々されている。エレカシ異様に好きとか。↓雰囲気伝われ。

きてきてきてーーー

内田典文さんのサイコーな音のガールたちを観にきてください。予約は出演者へリプ、DM、tomochan9sai@gmail.comまで。