ういちゃんと初めて会ったのは名古屋のなんやというお店で、2階建てで、
 
この鈴木実貴子ズのMVは1階で、2階がライブスペースで靴を脱いで上がって、客席との境目がなくて木目で床がつやつやしていて何食ってもうまい。鈴木陽一レモンくんの企画で、わたしも彼女も出演者で彼女は17歳で、まだポエトリーリーディングをしていなくて、CHAR BOYSという不思議なバンドで歌を歌っていて、

わたしの耳は基本歌詞は聴き取れないんだけど謎に胸を打たれる歌で好きになって「泣きそうになった」と彼女に伝えた。
次のなんやでは、ういちゃんはポエトリーリーディングをはじめてて、わたしも飲んだことのある向精神薬の名前を引用してて、その少しマニアックなセレクトや引用箇所や海に着くエンディングがとてもかっこよかったので(…向精神薬引用詩は海に着かなかったかも、海の詩や海に着く詩があって好きだった)友だちになろうと思った。いやすでに友だちだったのかな。距離とか関係なく一度好きだと思った人はずっと好きだし、親密な感覚があるしそれは伝わってしまうものだと勝手に思っている。
ういちゃんの魅力に観た人は気づいたし、磨いたし行動したから、2016年のPSJの全国大会に出場することになった。

ういちゃんがPSJ全国大会優勝前提で、わたしにMVをつくってほしいと言った。ちゃんとギャラをもらって、具体的な監督名とかイメージとかたくさん話してつくった。

優勝は逃したけど、彼女のステージは素晴らしかった。前回のPSJの予選のとき「ともちゃんが滑舌をよくしたほうがいいって言ったから滑舌を直した」って言ってて誇らしかった。勝つために考えて実行したことを教えてもらった。わたしは勝負弱いタイプだからすげーと思った。
bx0kuwyO_400x400
ういちゃんのMV「さよならディストーションサウンド」に出てくる部屋はわたしの部屋で今も布団の位置が同じなので、霊感がないのでなんも感じないけど、とうめいのういちゃんとわたしが重なるときがあるのかなと思う。
ういちゃんは「ともちゃんみたいな年上は希望だ」って言ってくれた。
傷つけちゃったかなと思ったときLINEしたら「ともちゃんに傷つけられたことはない」と返信がきた。
記憶力がすごくて、わたしの詩をだいたい覚えていて、「ともちゃんが言いそう」ってパラレルワールドのともちゃん詩みたいのを思いついては言って笑った。
最後に会ったのは2018年10月27日、名古屋でのライブを観に来てくれて、SAN-DAIの名古屋予選も同じ日で、即興したことないのにレモンくんに誘われてなんとなくエントリーして、ういちゃんもエントリーしてた。あんまり観たことない即興だ。

3人とも負けた。予選が終わって観に来てくれた三原千尋ちゃんと行方不レ知くんと合わせて5人でどっか入ろうかと話しながらレモンくんの車を止めた駐車スペースでながながしゃべって解散した。高速バスが来るまで時間をつぶすのをういちゃんは付き合ってくれて、星ヶ丘のコメヤでふたりでしゃべって、23時閉店だから出て、バス停でバスが来るまでしゃべった。銀杏がたくさん落ちていてこれから高速バスに乗るからスリッポンにくっつかないように気をつけた。雨は降ってなかったと思うんだけど、道路が夜を反射して黒くつやつやしていた。違うバスがたくさん通った。
高速バスが来る3分くらい前に好きな人の話をした。夜と車のライトを眺めながら、目を合わさずしゃべった。初恋がいとうせいこうさんで子どものころ(4歳だったかな)から好きでずっと好きでと言った。わたしは17歳からずっと好きな鈴木慶一さんの話をした。顔が好きだという話をふたりでした。
互いに生きているうちのさいごのやりとりはLINEがあるのになぜかその日はTwitterのDMで、
「感受性のゲインのしぼり方わかんないからこないだ東高円寺まで行ってなぜか帰って来ちゃった」
という話で、つまりわたしが住んでいる最寄り駅まで来ちゃったという話で、こないだっていつ、家の前まできたのか、(もしやニャイに会えたりしたのか)ライブで東京に来てたのか、わたしに会いたくて岡崎から来たのか、詳しい話は聞かないまま、夜中だったので眠くて「またその話きかして」と送って「お風呂入るので、またー!」と返信があった。

ういちゃんに限らずなんだけど、創作でつながってる人とそのとき創作のことでピンと来ないとうまく近づけない。だからういちゃんとただの友だちだったらもっとういちゃんとしゃべれたのかもなあと思うけど、一時的に心が乱れても本質的な後悔はしないと思う。「ちがあかビーバップ」のトラックをカオシレーター等の名手でもある彼女がつくってくれて、そのときはピンとこなかったんだけど、思い出してフォルダ探したらあって、聴いてみたらそんなにわるくなくて(当時もっとポップなものがいいとわたしが伝えてそのままになってた)、あーってなって、ガレバン初心者のわたしなりに音重ねてレコーディングすることに決めたので、気長に楽しみにしていてください。
わたしが好きなういちゃんのライブを貼ります。前半もいいんだけど、後半の4分46秒からの「くがつじゅうさんにち」がサイコーなので観てください。

誤解されてもいいから彼女のつくってきたもの、ライブの良さを知ってもらいたいという気持ちが止まらないし、わたしができることをしたいと思う。