カテゴリ: エロ

TSUTAYAのディスカス無料期間最終便はウィーザーとかまやつひろしだったんだけど、焼こうとしたらソフトとの相性がわるいのがDVDドライブがゴーゴー言ったままいつまでたっても焼けない現象になり、最悪そのまま返す。

 「一篇の詩を三人がそれぞれ修正する四通りのケース」
026


























読んだ。 
自分以外の他人の詩をたくさん読んでいて、詩についてわかりやすく説明できて、なおかつ面白い詩が書ける人たちがあつまったらこうなった。(おもしろい)
詩を書くってこんなふざけていいんだなーと関心した。あと、わたしは紙媒体の詩よりも朗読用のテキストを書いているんだなーと、また思った。むかしは書き分けていたんだが、その感覚がうすれていたが、これを読んだら、あー漢字?改行?ひらがな?カタカナ?いやいやいやとカチャカチャカチャカチャバックスペース連打がじょじょによみがえってきた。
自分がひらがな好きなので、ひらがなにされるとくにゃくにゃしてて白っぽくてうれしいんだけど、漢字の静かに座っている感じもいいよなあとか、空白こう使うのかとか、いろいろみてると楽しくなる。おもしろくなる。 送ってくださった及川さん、ほんとありがとうございます! 
他人の詩を読まない人生だったが、ようやく自分に読む準備ができた気がするな。なんだかすごいたのしいな。
わたしも再来月web上に何篇かうつくしく掲載される機会をいただいているので、新作をがんばりたい。あんま読む前提じゃなく、そんなに長くないものが書きたい。

テレクラキャノンボール2013、観てきた。

自宅以外の場所でAV観るなんて、映画館で隣の人が知らない人なのにむらむらしたらどうするんだよと思ったがだいじょうぶだった。むらむらどころかなえなえのシーンで他の人も「うわあ」とか言ってるので安心して「うぇ~」とか声が出せた。とにかく笑った。だいたい笑っていた。
なんだか出演者全員がいとおしい。あと、冒頭で泣ける。AV監督という人たちがもともと好きだからな。ガロをすみからすみまで読んでいた、ほんと編集後記まできっちり読んでいた高校生のころ、あれはAV特集だったのか、平野勝之監督のインタビューを読んでいつかぜったい観るんだっておもっていた。
偶然知った、ドグマの無料視聴にはまって、どうしても観たいものはDMMやら、TSUTAYAさんでレンタルしたし、笠木忍のレンタル落ちビデオを買って、マスイジュウとひろことすぱんと4人で観て、TOHJIRO監督のモノマネが4人の間ではやったこともある。んでちがあかビーバップも書いた。
AV監督がますます好きになったな。人と向き合うからちゃんと考えてる人が多いし、だけどちんこたてて笑顔だし、いっちゃったらさようならだし、ふつうの恋愛とかから考えたらたぶん異常かもしれない人たちだけど、好きだ。単純にお笑いの人とエロい仕事の人のことは尊敬してるので、あこがれみたいな、ところがあるのもなあ、今も。
やーちょっと10時間DVDも買おうか迷ったわ。

特報ユーチューブ版


んで翌日、やはりカンパニー松尾監督による「カンパニー松尾×神谷まゆ さよならh.m.p編」を観た。これは家で。
これ、泣けるからみんな観たほうがいいよ!ていうかね、わたし嵐山みちる監督と神谷まゆちゃんのやりとりのところすでに3回観てるから!加藤鷹氏のところも2回観てるから!まゆちゃんマジ天使だから。おすすめ!
これから嵐山監督作品も定期的にチェックすると思う。ほんとあのシーンよかった。

ごはんを食べるときにテレビは観る派です。豆電気は消して寝る派です。たまごかけごはんは黄身だけ使って味の素たっぷりかける派です。
おそい晩ごはん、ジャーマンポテトを食べながら、「ダウンタウンの100秒博士アカデミー」を観ていたんだが、ダチョウ研究の塚本康浩教授が彼自身が実に興味深かった。
2
ダチョウの涙がなめると甘いという話のあとの、
「わたしはいろんなものをなめてきましたが…ガマン汁とか…」
の一言がわたし、すぱんどっちもツボで、まずは、なぜテレビでまっちゃんとかがいる前で、なんのためらいもなく「ガマン汁」と言えるのか、何よりもまず最初に「ガマン汁」という言葉が出てくるのかついて、ふたりで話し合った。
結果、彼はまず研究者特有の天然の人ではなく明らかに笑いをとろうと、まっちゃん等に果敢にチャレンジする勢いでおそらく「ガマン汁」という言葉を口にした。だけでなく、
「わたしはいろんなものをなめてきましたが…ガマン汁とか…」
は彼の、たとえば合コン、飲み会の鉄板、いわゆる「すべらない話」なのではないか、という結論に達した。それくらい間合いといい最高の出来だった。京都出身だからか?あと、どの動物のそれをなめたのかも気になる。(けどそんなに知りたくない)おかげで次の田邊優貴子さんの前半ぜんぜんおぼえてなくて、南極でパンツを換えたのは3ヶ月の間1回だけしか記憶にない。こっちもなかなかすごい。
だいすきなジブリの鈴木敏夫さんの敏腕ぶりも観られたし、オノマトペの人がさかなくんみたいでかわいかったし、いいものを観た。

きのうはあの時間になる前にこれをツイートできてよかった。休憩時間にiphoneから必死でツイートした。

映像の山田マサル氏には何も聞いてないんだけど、これはわたしのふるさとだけの景色ではない。
あの時間のあとに撮影された誰かのふるさとだった景色だ。彼が、わたしがわたしのことだけを書いた詩を、誰かにつなげてくれた。この解釈はほんとすごい。彼は知ってたけどやはりすごい。彼が札幌で演出等で参加している劇団パインソーも観たいのだがまだ実現していない。観たい。
今年はやるだけでなく観る年にしたいなー。

といいつつ、やる
バーベキューファミリーPRESENTS
スポークンワーズ・マガジン「どんと、こい!」Vol.2 RELEASE PARTY

2014年4月13日(日)
会場 : 渋谷 RUBY ROOM
東京都渋谷区道玄坂2-25-17 カスミビル
TEL/03-3780-3022 
1362550419_165
開場 : 18:00
開演 : 18:30
入場料 : 2000円+1ドリンク

▽出演者

※GUEST

ジュテーム北村

※バーベキューファミリーCAST

三木悠莉バンド
三木悠莉(Poetry, Vocal)
堀田玲央(Piano,Guitar)
金色樽兵衛(Bass,Sax)
小松成彰(Guitar,Didjeridu)
池田貴一(Drums)




Dialogues
黒川武彦(Poetry)
アラン・グリーソン(Bass)
和美(Vocal)


◎ご予約は、
wearebbqfamily@yahoo.co.jp
まで、お名前人数を添えてメールをくださいませ。
当日券でもご入場頂けますが、ご予約頂いた方には、特典といたしまして、
「どんと、こい!」Vol.1とVol.2、2回に渡って掲載されました
「スポークンワーズ座談会」のノーカット盤を配布いたします!
二度とない声と言葉の夜、スポークンワーズの祭典。多数のご来場、感謝とともにお待ち申し上げております! 

もういっこ
2014年4月19日(土)
猫道スポークンワーズスラム】
新宿ゴールデンエッグ

18時半開演!

 鬼の審査員紹介
内田るん(ミュージシャン・イベントオーガナイザー)
小林タクシー(俳優・劇作家・演出家)
晴居彗星(作家・朗読詩人)
村上英恵(現代美術家・映像作家)
★[審査員 兼 ゲストライブ]1horse(ラッパー)

花粉症由来の鼻血にこまってます。今もこのブログを書いてる途中から出て、つっぺ(北海道弁で鼻に詰めるものの意)をしてます。耳鼻科に鼻の粘膜焼くしかないのか…とりあえず、鼻うがい容器は購入した。甜茶も買った。何かほかによい方法があったら教えてください。
コメント欄か、tomochan_9_sai(アットマーク)yahoo.co.jpまで。

追記!
 きょう3/12(水)路上ライブをやります!新宿駅あたりで17:30過ぎくらいから。参加者は三木悠莉ともちゃん9さいイダヅカマコト。やる前に詳しい場所はツイートするけど、もし行くよ!ってひとがいたらDMかリプくれるとうれしいです♪よろしく~(三木悠莉ツイートよりコピペ)

エロ小説、たぶん続き書かないんで載せます。


わたしのお父さん、ばかだからわたしの名前「なめる」。
ドキュンネイムのご時勢に生まれてよかったでした。
わたしのなやみは声とお胸がちいさいこと。
あとたぶん、びっちって呼ばれちゃうこと。やだ。
だって、ぜんぶ本気で好きだからなんだよ?
やだ、友だちすくない。女の子こわい。

男の子はやさしくていいにおいがする。
どうか、しちゃいたい男の子全員とやっても怒られない世の中になってって
東京だって冬は星がたくさん見えるから、毎日お願いしてる。
未来、セックスがスポーツになって、健康のためにやって当たり前のものになって、
色んな人と毎日楽しめるものになって、なって!

理想のタイプはフジファブリック。だってぜったいやわらかそう。
はだかで抱き合ったらきっときもちいい。やわらかいひとすき。だから、
わたし、はやく天国で、フジファブリックと、したい。
だから、死んじゃいたい。

だから、てきとうな男の子、待合室でみつけて、「しよう?」って言った。
男の子、だまってついてきた。人差し指をくるくるして
「ぼくはこれをしてないとおちつかないの」っていうから、
お母さんみたいな気持ちになって抱きしめた。
ちゃんと男の子なにおいと、かすかな柔軟剤のにおいがして、
彼のほんとうのお母さんのやさしさの実家暮らしの居間をおもった。
15歳だもんな。

いちばん安い赤いベルベットのラブホテルのお風呂はひとりぐらしのユニットバスに似てた。
この、オナニーでしかいったことのない男の子とちゃんとセックスして、
男の子だって死にたいから待合室にいたわけだから、一緒に死のうって言えば、
コンビニいっしょの気軽さで、たぶん、わたし、やっと死ねる。
死ねばメンヘラでもビッチでもなくなるんだ。
わたしがカメラなんだから、わたしが死んだあとの世界で誰かがそう呼び続けても
わたしはないから平気なんだ。

男の子の服のボタンをひとつずつはずしていとおしくてくちびるをなめる。
「ふう」ため息が出る。ほんとうは長いまつげをなめたいけど、めがねだから、できない。
はずしたら、わからなくなる。ずっと見ていてほしい。
ぎこちなく出す舌を舌でちょん。半開きの口の歯をなぞる。
わたしはわたしをじらしてがまんできなくする。息が出てしまう。
男の子が突然舌を入れてくるから、唾液いっぱいでこたえてこまらせた。
元彼のAVのまね。どうして唾液と唾液は甘いんだろう。きっと化学。
じゅるじゅる音が出てすこしわらう。がまんできなくて、
「まつげ、なめてもいい?」
「いいよ」
男の子ちょっとふるえてる。まつげに舌でそっとふれて、目をなめてしまう。
「あ、ああ、あ」
男の子の声でわたしもこうふんしてしまう。


パンチラ淫vol.2「"CUM"on JAPAN」
歌舞伎町ゴールデンエッグ
東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビル B2F
2013.3/10(日)
オープン19:00 スタート19:30
¥1500+D(各種割引有!)
★出演★
クズドル☆こずにゃん(アイドルさんだわーい期待にゃんにゃん)
菊池奏子(日本一の憂いスパーボイスに耳をすますんだよ)
ともちゃん9さいとspan(じょじょにspan氏の出番を増やそうともくろんでいる)
ヤング・フラッテリィズ(キレッキレにころげまわる上、漢の色気むわんむわん)
金色(老若みくちゃん男女に愛されるスーパー和バンド)
DJ春井(脚本書けて音楽詳しくてピアノ弾ける多才メガネ男子)
三木悠莉(水もしたたるよいアシンメトリたけのこ最速ポップ詩人)

割引内容
ハゲでサングラスの方、もしくは和装の方(小物とか柄とかワンポイントでOKよ☆)は200円オフになります!

↑このページのトップヘ