タグ:HIGH

ともちゃん9さいファーストアルバム、「世界の、果て、はて、ハテ。」9月19日発売。
ティーザー公開です!

まずはこの多幸感をみてください!

そしてオフィシャルサイトが完成しましたよ!
http://www.lowhighwho.com/9sai/

LHWCD-0052 - ともちゃん9さい - 世界の果て、はて、ハテ。
発売日 : 9/19
価格 : 税抜2,000円(税込2,160円)

鬱屈した現実をファンタジーに変えた「ともちゃん9さい」のデビュー作
ポエトリーリーディングのレーベルとして唯一のブランドを誇るLOW HIGH WHO?の
詩人の新たな作品は「とある女の子の小さな部屋で生まれた小さな妄想」だ。
様々な死生観を持って問いかける彼女のスポークンワードは必聴。
ともちゃん9さい、14年の活動を経て、ついにファーストアルバムを完成。
メインプロデューサーには藤本九六介(ex : Paranel)。南米エレクトロニカの強い影響を受けて
透明度の高いトラックから、ギターポップ、ともちゃん自身がスマホで作ったTrackなど
多角的なサウンドから新しいポエトリーリーディングの時代を感じさせる。
2009年、不可思議/wonderboyの宅で録音した「朗読・ともちゃんのファンタジー」
彼と共にセッションしたライブ曲「タイム」の音源化など。聞き所満載の12曲を収録。

Track list

01 世界の果て、はて、ハテ。 (Prod. 藤本九六介)
02 ふかい  (Prod.藤本九六介)
03 あまこえにと (Prod.span)
04 ともちゃんのファンタジー (朗読)
05 loveletter (Prod.橋爪)
06 汀 - みぎわ - (Prod.ともちゃん9さい)
07 「タイム」with 木村聡太 (Prod. DJ6月)
08 「タイム」with 不可思議/wonderboy (Prod. 藤本九六介)
09 すてきなピアノ (Prod.ともちゃん9さい)
10 ちがあか (Prod.span)
11 背黄青鸚哥 with ぬくみりゑ (Prod.藤本九六介)
12 kirisame (Prod.ともちゃん9さい)


 
プロフィール
北海道出身の女性詩人。演劇や映像など多様性の表現を培う中で独特な歌唱法を身につけ
魅力的なリーディングパフォーマンスをする。
2009年に不可思議/wonderboy監修コンピレーション「言葉がなければ可能性はない」に2曲参加。
以降、観音クリエイションのアルバム「心白」に「ぼくは自転車に乗れない。」客演参加。
ポエトリーリーディングの活動歴は14年と積み重ね
ライフスタイルと密接にある彼女の言葉はとても強く存在する。

---
気持ちがあふれて汗をかきながら、これからである。

まだあるかもしれないんですが、今年かかわった映像をのせたいと思います。


ホルモン鉄道「玄関」のPV募集に参加したものです。とにかくいちばんさいしょにアップしようと思ったので必死でつくりました。最初のシーンの黒猫がどうみても神なのが気に入ってます。
わたしが泣いているシーンはこの東京ガスのおばあちゃんのCMを観ています。

ピューロランドに行ったときにピーポくんの着ぐるみがいて撮っていたのもラッキーでした。なんかつらい時期で鳩を追いかける映像を撮りまくってました。
後半のハチワレの猫はわたしのツイッター等を見ていたらおなじみの大家さんちの猫、ニャイくん
IMG_6493




























でかなり主演男優賞な気がします。サムネにもした電車の中で絵を描いてる子は朗読コンビ「腐乱ちゃんと恨乱ちゃん」をやっている詩人ぬくみりゑの娘です。

ぬくみりゑの娘には「エレクトロピカ」でピアノを弾く赤ちゃんとしても出てもらっていておっきくなるのはやいなあと思ってます。



LOW HIGH WHO?のラッパーMotifさんのMVに出演しました。わたしがいい歳の取り方をしていることを監督のParanelさんに教えてもらって、完成した映像を観て、自分が色っぽくて驚きました。うれしかった。

 
ある日詩人のもりくんからLINEがきて、馬野ミキさんがPVを撮ってもらいたいとブログに書いているときき、いつか撮りたいかもなあの背中をもりくんに押してもらって実現したものです。いいほうの人の巻き込みをしてけんかもして(主にわたしがミキさんの発言に怒ってみんなが見守る)、完成したら、観た人からよかったとたくさん言ってもらえたからほんとよかったなあって思ってます。最後の庭でもりくんとミキさんが踊ってるみたいなシーンが手ぶれとかすごいけど、どこも死んでないと思えるシーンがワンカットで撮れたのが、お気に入りです。


ともちゃん9さいとspanとしてのラストソングです。2008年、ガラケー(W53CA)で撮ってた写真を撮った順に並べました。2008年のフォルダにはレコーディングに行ったときのワンダーくんの実家の猫ちゃんもいてなつかしーってなりましたが、PVには入れていないです。
これは自分はつくってるときせつなくて、心臓が神経症になってしまったかもくるしいと思いながらつくったんですが、観る人にはどううつるかわからないです。恋が終わったからせつなくてくるしいんじゃないとは思っていました。思い出を並べて、みやすいように色を変えて音に合わせて長さを調整することはせつなかったです。でもそれが本質ではなくそれよりも、思い出がその撮った写真のみ書き換わってしまうくらい前になってしまって、ただ美しく感じられることがかなしかったのかもしれない。わかんない。けどつくれてよかったです。
後半のspanくんが出てくる団地のシーンは、北海道のママとばあちゃんの実家を引き払う片づけが終わったときの映像で、猫道くんが作・演出してくれた「ともちゃん38さい」にも出てきたシーンです。この団地にはわたしは住んだことないんだけど、何回か訪問したときはいっつもくもってる印象だったのにこの日は晴れていました。

↑このページのトップヘ