タグ:span

ともちゃん9さい1stアルバム
「世界の果て、はて、ハテ。」 2018年9月19日発売っ ←インストMIX CDRつきっ
ツイッターに投下(透過)した全曲解説をまとめたよ~
*
01 世界の果て、はて、ハテ。
タイトル及び音楽/藤本九六介。9歳の途中まで過ごした故郷の沢の背の高い草しゃがんで遊ぶ未だ他者のない草むらの中の私。大好きなとろサーモン久保田さんの目と鼻と口の位置と指と電子たばこ。冒頭部、無意識に(ex.paranel)「球体」からの引用あり。
*
02 ふかい
故郷ではじめて(実質)した男の子と景色。2004年上京して/した赤いホテルの男の子の汗。音楽が好きな男の子が好き。サンクラに上がっているDEMOとぜんぜんちがうので今すぐに聴いておこう。

*
03 あまこえにと
2004年に書いた。後半は2014年に加筆。spanと畳でセッションし完成。赤いホテルの男の子から教えてもらったレコードはイントロが彼自身だと泣きながら何度も何度も再生釦押下した。故郷の男の子を忘れないで傷ついていたい。藤本九六介によるストリングスコーラスホーンで無敵。

*
04ともちゃんのファンタジー (朗読) 
ライブ出演が決まり「ともちゃん9さい」になることにした2008年に書いた。ともちゃんは「ファンタジー」ってほんとうに言っていいのか直前まで迷った。不可思議/wonderboy君の実家のマンションの一室でレコーディング。トイレの日本地図。サンドウィッチ。猫。
*
05 loveletter
TWIMYからのQQIQファンで2014年QQIQ「いなのUSB」に参加が決まったときは夢かと思った。QQIQ「MOTHER」のオケでリーディング。アルバム収録Ver.は藤本九六介によるオルガンとコーラスとカッティング?的なのにより、よりクール。詩は熱海のファミレスでノートに書き殴った。
*
06 汀 - みぎわ - 
2016年9月大失恋して書いて書き終えたら失恋の傷みを完全に忘れた。敢えて削らず余剰を遺すことにした。初めてiPhoneのGarageBandを弄って4つの有名なコードを当てはめリーディングに合わせ叩いた。アルバム収録Ver.のリーディングはLOW HIGH WHO?の事務所でレコーディングした。
*
07 「タイム」with 木村聡太
わたしの詩「タイム」を不可思議/wonderboy君がミクシィでほめてくれて2人でライブすることが決まり彼がリミックスしたテキストを彼の死後出会った友だちで俳優で不可思議/wonderboyがめっちゃ好きな木村聡太と演劇的リーディング。をDJ6月が実に音楽に仕上げてくれた。
*
08 「タイム」with 不可思議/wonderboy 
07と同じ詩をわたしがリズムが出るよう振り分けしたものを吉祥寺のライブハウスでセッションしたライブ音源/に藤本九六介の音が加わり世界の果てがほんとうに夕焼けなのかも知れないことに気づいてしまう。荒野だが光はやわらかい。
 *
09 すてきなピアノ
2009年、暑いからデスクトップPCでフリーのソフトを落としまくって自身の声をサンプリングしてループさせた曲に通りすがりのspanにウクレレソロを弾いてもらったインスト/に2009年に書いた詩を再編集してラップに近い?リーディングをした。レコーディング後半で力が抜けている。
*
10 ちがあか


*
11 背黄青鸚哥 with ぬくみりゑ
セキセイインコと読む。もともと2004年に書いた詩UPJ3で読んだ。結構書き直してる。藤本九六介によるガーリーな楽曲は果たして何拍子でしょう?果たして?あの観音クリエイションさん楽曲でお馴染みぬくみりゑボイスとともちゃん9さいボイスがからみ合うやで。察し…
*
12 kirisame
2009年夏のフリーソフトシリーズ2。サンプリングはあの男の子が教えてくれたレコードのイントロ。藤本九六介ミックスにより不可思議/wonderboy君が「声小さい」と言っていたリーディングが「きこえる」ようになった。まほう。フリ*スビー。
*
買ってー
聴いてー
きいてー

入学式
1975年8月29日(金曜日)夏の釧路、日赤病院のカレーは腐っていた。
本来立ち上がる月齢に立つ気配がないのを心配され小児科受診。
脚力がよわい子は握力もよわいと林檎を握らされ放り投げ「こわがってるだけですね」と診断されほどなくして立つ。
離婚した父から贈られた補助輪付自転車を泣いて拒絶し未だ自転車に乗れず
保育園に人がたくさんいるのでたくさん泣く。
誕生日カードに泣き虫を直しましょうと書かれる。
A君に毎日噛まれ噛み返す。
A君のプラスチックの黄色いそりを嬉しそうに引っ張るのを目撃される。
祖母がつくったワンピースちょう気に入りそればかり着る。祖母が好き。
ぐずって祖父に沢から突き落とされそうになる。祖父が好き。
祖父が死ぬ直前、手を差し出されたがこわくて握ることができず、以後手を握ることに意識が集中し過ぎる。
飼い犬(白い雑種)を散歩させてたら鎖を離してしまい、咄嗟に口笛を吹こうとしたら口腔笛になり低い音が出続ける。
沢の湿地にしゃがむ。(他者の概念がない)
小学校入学直前どうにかなってしまうと思う。(死の概念があったら死)
妹が2歳になるまで暮らす。
小学校楽しすぎて毎日一番に登校する。
英語塾の先生の子が「ともこちゃんがいじめられてる」と先生に報告。
保護者会の話題になり母に指摘されるが「いじめられてないよ~」と答える。
パンダの夢ばかりみる。
背の小さい女の子と喧嘩したらわたしだけ怒られ背が小さくなりたいと願い小4くらいで背が止まり願い事は全て叶うと実感する。
授業参観で算数の問題に一人だけ正解し快感を覚える。付属小学校編入で母の友だちが減る。
その友だちだった人の子に布団の中で弄られる。快感はない。
付属小学校ではじめて焼きたてのバターロールを食べおかわりをする。
勉強できない女の子にしつっこくされ、いじめられてることに気づき教育実習の先生に相談。
追っかけっこしてた男の子が抱きついてくる。
母がレコードを全て捨て釧路から札幌へ。猫も犬も捨てられ無力だと泣く。
訛っているのでいじめられる。ペンギンのぬいぐるみが好きな女の子と友だちになる。
隣に住む兄妹がセキセイインコを触り続ける。その母からレディコミを貰う。
スキー一式が重くてゴンドラに乗る前に貧血で倒れる。
サイコーなマンションに引越しマンション内の子どもたちと毎日遊びサイコーな日々。
A君と隣の席になりいきなりぶん殴られ「お前は歯向かってこないんだな」
と言われ授業中ずっとおしゃべりをする。
先生がわざとあてても授業もちゃんと聞いているので無敵なぼくら。
A君よりいい点を取ったわたしを眩しそうに見るA君。
団地に当選し引越すとき泣く。
団地の小学校の治安悪くてめちゃくちゃいじめられて学校を休む。
クラスメイトの母が恋人に殺される。
人をじっと見る癖にいじめのリーダーが気づき、体育の時間中監視。
いじめのリーダーがいじめられ味方をしたら一緒の大学に行こうと言われいいよ、と答えるがその子のことが嫌い。
中学校新設校治安よすぎサイコー。演劇部に入部。はじまる。
演劇部の子とたまのコピーとオリジナル曲をやるバンドを組んで学校祭の中庭で演奏する。
紙に字を書き絵を描き演劇部の顧問にコピーをして貰い配る。
演劇部の顧問にひいきしてもらい機関誌に小説とイラストがでんと載る。

39200703_1144542532353515_4956006726139641856_o
高校いきなり体育館でストッキングが白っぽすぎると言われ体育館で校歌と君が代覚えるまで帰れない。
中くらいの成績だけど大学入学したい人が集まってて、朝早く課題やんなきゃいけないし課題やんなきゃいけないし勉強嫌い。
成績落ちて成績悪い人の扱いを受けてテスト中しんだふりをしたり休んだりする。
休んで現代文の再テストで完璧な正解を出しカンニングを疑われる。
月刊ガロを読む。山田花子がリアルタイムに亡くなる。
9月に自室のベッドでかるめの剤をワンシート飲むが家族にほうっておかれ、高校に行くほうがましなので行く。
センター試験を受験しないと言ったら母が号泣。
夜間大学に合格とともに祖母の認知症由来の妄想が始まり、留守電と合鍵による部屋の物の位置の変化等で鬱が悪化し精神科受診。
日清パワーステーションで鈴木慶一さんの靴をそっと触る。
3年まで通い休学し退学。コールセンターでバイトする。小学校からの愛猫がしぬ。
劇団を見つけ「天才です」を連呼し団員になる。
舞台袖で見る舞台が時折照明より発光し確信する。畳の上で蛍光灯を眺めながら静かにする。
カーブを曲がったら海が見えて砂の上でお寿司と練乳いちごを食す。
喧嘩して退団。地元に何もなくなり残金900円位なので生活保護受給。
女の子の家に転がり込み上京するがバイト続かず身体の関係ない童貞男子のヒモになる。
男子が男子の部屋から出て行ったので生活保護受給。
副作用で汗をかいた男の子と渋谷円山町の赤いホテルでする。すてきなレコードを教えてもらう。
ふかい」を書く。「あまこえにと」を書く。
オリオンのミニコーラ好きの男の子含む4人(詩人詩人ミュージシャンマスイジュウ)で毎日がNSCとレコーディング。
がんばってイラストを書き
39167106_1144540549020380_362123579082407936_o
携帯ゲーム会社に入社するが働き方が解らず5分の作業に3時間以上かかるようになり退社。
精神障害者保健福祉手帳があると失業保険が1年貰えてサイコー。「ともちゃん9さい」になる。
311。
友だちが亡くなる。コールセンターで影でフジロックと呼ばれる。
オーバードーズで入院中の真夜中、許可され手に取ったiPhoneの中で祖母が亡くなる
ミニコーラ君と別離。すこし崩壊する。
LOW HIGH WHO?の事務所に行く。CDを出したいですと言い、あっさりいいよと言われ驚く。
泥酔し、とろサーモン久保田さんにクソリプをするが丁寧なリプがあり、ますますとろサーモンが好きになる。
Motif君のMV撮影の日、paranelさんに「世界の果て、はて、ハテ。」ってCDをつくろうと言われ驚いて嬉しい。
3月位からはじまる。1曲目「世界の果て、はて、ハテ。」を書く。
滑舌でレコーディングが進まなかった日、人生相談があり、お酒をやめ薬を減らす。
「あまこえにと」撮影。子どものころ喘息で1000メートル以上走ったことなかったわたしがはじめて1000メートル以上走る。
はじまる。

ともちゃん9さいと言います。LOW HIGH WHO?アスペルガー症候群双極性障害診断済。精神障害者保健福祉手帳3級。生活保護受給中43歳

よろしくね!
からのちゅどーんっ←クリックして
※9/14から順次発送致します。※特典 : インストMIX CDR

2018新年、映像第一弾はニャイの動画です。



ニャイはわたしが飼っているねこではなくて、大家さんちの飼いねこです。わたしが住んでいるアパートは大家さんちの一部という構造になっています。ニャイはときどきうちの中に入ってきますが、自分ちでありなわばりをチェックしているつもりなんだと思います。
今のアパートに引っ越してから、ニャイと仲良くなって3年くらい撮り貯めていた動画を大放出しました。最近のニャイのブームは別のところにあるらしく、うちにはあまり来なくなったので、これ以上のものはもう撮れないなあと思います。最近スーパー行くと、ちゃおちゅーるがあるコーナーに立ってしまいますが、買ってはいないです…よ
今のアパートに引っ越して今よりさびしかったとき、ドアを開けてニャイがいないかなと探してた時期がありました。ニャイがいると、ニャイが乗り気のときは「ニャフ」とか「ハン」とかハスキーな声で鳴きながら首輪の鈴をちゃりちゃりさせながら、アパートの階段をのぼってうちのなかに入ってきました。

vs180103-005













今、そんなにうちに来なくなったのはわたしがそんなにさびしくなくなったせいなのかなと思うときはありますが、そうだったら動物すごいねこすごいですが、実際はアロマオイルを使い始めたせいかなと思います。ニャイを入れるときはもちろんアロマオイルを炊かないようにしてますが、残り香がいやなのかもなあと思ったりします。
ちゃおちゅーる…

vs180103-006













うたは馬野ミキさんの「西武園ワルツ」をともちゃん9さいとspanでカバーしたものです。馬野ミキさんのテイクと同じ日に一発録りしたものです。わたしが歌をあまり覚えていなくてより素朴な歌声になりましたがそれがよいと思いました。spanくんのギターのコードがミキさんのとちがう感じなのがせつなくて気に入っています。

こんばんは、ともちゃん9さいです。わたしは音楽が好きで、そうであっても音楽はやっぱりどうしても魔法だと思っていて、それはわたしが音楽がつくれないからだけじゃなくて、バイト帰りの電車の中から見たぼくらの夕暮れとウォークマンから流れたあの曲、あの瞬間のあの景色と好きな人と見たかった気持ちは魔法以外になんなんだよと、音楽がはまる瞬間の景色を言葉でやりたくて、

だからこの45分間はそういう音はまり遊びです。ひとりじゃない。

だから、あのコーネリアスのポイントオブビューポイントという曲で朗読します。2005年に詩を書きました。国立駅から新宿駅へ。なぜか渋谷も。

  

【あちた】

 12月18日(木)高円寺 U-ha

act.
ともちゃん9さいとspan
ヒロネちゃん

op/19:00 st/19:30 
¥1500(+1d) 

明日は出られないけれど、ミミッピちゃんがちょこっと出てくるセトリにしました。 
わたしがめちゃくちゃおちんこでてるときに、ウーハの店長さんにわたしを推薦してくれた、ヒロネちゃんに感謝します。
たのしみにしててねだし、たのしみだー 

ケツフェスト、よかったです。本番前の落ち着きなさがリハ時間含めかれこれ10時間くらいつづいたわけだが、12時間くらい立ちっぱだったが、脳内麻薬ドパドパで朝までの打ち上げもよゆうでした。翌日腰に鈍痛はしり、カイロプラクティックにはしりましたが。

Sound Optimize(Nish)さんの写真がすごい。span氏はこれをアー写にすべきだとおもう。
tomo9_008tomo9_009


tomo9_005写真はすばらしいのに、わたしったら全部ベストがまくれあがり、スカートからみせパンはみでててちょうざんねんである。
けれどどれもいい顔をしている。 
tomo9_026tomo9_042
この奇跡的ないとしきカエル顔よ!鼻がふくらみわんぱくそのもの!気に入りすぎて、あらゆるSNSのアイコンにしました!
   
悠莉ちゃんが泣くから、わたしも泣きそうになったんだけど、泣かないほうが絵的にきれいだと思った。そしたら、わたしの中のドエスごころがスパークして、はちゃめちゃになった。演出的な観点でいくと、ここでこんなに力まなくていいのになーとか思うんだけど、こんときはお客さんにどう見えるかよりも、悠莉ちゃんに伝えることが大事だったから、これはこれで完結してるんだと思う。だからマイクも向かい合わせにしたんだよー

悠莉ちゃん、この詩を好きになってくれて、コラボしようと言ってくれて、わたしなんかよりタイミングとかちゃんと覚えてくれてほんとありがとう。生演奏でやったらエモいの思いつきを実現してくれた、三木悠莉バンドのみなみなさま、ほんとにありがとう。あと、こんな詩を書きたくなるようなAVを撮ってくれたビーバップみのるさん、ありがとうございます!501楽しみです!


感覚がよみがえったかもなんですよ。いっちばんノリノリで役者をやってたときの感覚が。まだまだぜんぜんなんだけど、集中によってどんどん高揚して、虫眼鏡で黒い紙を焼く直前みたいに周囲がしろく発光する感覚がちょっとだけあったんですよ。 だからまだやれる気がします。これなら、少しは恥じない自分に近づけるかもしれない。その可能性がちょっとだけ見えた。
この前ビル風くんのライブで内田るんちゃんに会ったとき、暗記の話になって、言い訳はやめようかなーと思って、確かめてみたら意外と覚えてて、あとはこわがらないだけだなって思って、時間の都合で、ちゃんと覚えた「あまこえにと」はできなかったんだけど、次の名古屋飛入りでできたらいいな。

いそがしいというと自分が仕事できないみたいで言わないように気をつけてるんだけど、いそがしくてしあわせです。もうちょい優先順位をつけられるようになりたい…

↑このページのトップヘ